ハリウッド旅行 1日目

 ロサンゼルスのハリウッドからこんばんは。
 安宿の共同部屋でベッドを確保し、ベッドの上でゴロゴロしながらノートパソコンでこの記事を書いています。
 初めてのアメリカ!
 自分がアメリカにいるって、なんか信じられません。
 しかも、映画の都ハリウッドやで!
 
 今日撮った写真をアップしておきます。
 よかったら見てね♪

 阪急電車とモノレールを乗り継いで伊丹空港へ。
 古風というか、昔っぽさのあるたたずまい。
 私、伊丹空港からけっこう近くに住んでる(自転車で1時間以内)のに、あまり来ることがない。最後に来たのって、たぶん高校の修学旅行のとき。海外旅行に行くときは関西空港からやし、LCCも関西空港からやし。
 建物の見た目は地味だけど、中はきれいで、必要な機能がぐっと詰まっている感じだよ。

 まずはJALで東京の成田空港へ飛ぶ。
 約1時間半。
 成田空港でアメリカン航空に乗り換えだったんだけど、搭乗開始時刻まで1時間ない!
 国際線への乗り換えだから搭乗審査も厳しいし、時間が短すぎて焦る。
 アメリカン航空のカウンターがわからず、慌てた調子でJALのCAさんに尋ねたら、カウンターまで一緒にダッシュしてくれた! 親切に感動。笑顔が美しい。ありがとう、JALのCAさん!

 なんとかロスへ向かう飛行機に乗り込む。やれやれ。
 日本の航空会社のCAさんって若い人が多いやん? でも、アメリカン航空のCAさんは違った。女性も貫禄がある。体も大きい。搭乗口で迎えてくれた年配女性のCAさんがガムをかんでいたのもベタベタにアメリカっぽい。

 エコノミーの座席でも充電できる。ACアダプタとUSBの両方の挿し口があった。長い飛行時間にスマホやタブレット、ノートパソコンが充電できるのはありがたい。
 ちなみに、有料だけどWi-Fiも使える。2時間12ドルから飛行期間ずっと19ドルまで、いくつか選択できる。

 機内アナウンスで、「乗客全員が乗り終わりました。もし何らかの理由でロサンゼルスに行きたくないから降りたいという人は客室乗務員までお知らせください」みたいな趣旨が伝えられたんだけど、これはどういうことや。
 そりゃあ、行きたくないけど仕事だからしぶしぶ乗っているとか、いろんなパターンが考えられると思うけど、どうなの? このアナウンスな何のためにあるのだろうか。「乗りたくなかったのに、無理やりロスに連れて行かれた」って訴えた乗客でもいたのだろうか。変なの!

 機内で知り合った日本人のご夫婦が、お互いに顔や話し方がそっくりだった。
 昔、ご主人の赴任で7年間ペルーに住んだことがあるんだって。
 南米って治安が悪いイメージがあるやん?
 大丈夫だったんですかって聞いたら、ペルーは当時、今よりもさらにさらに治安が悪かったんだって。会社からだか外務省からだかの指示で、会社までの通勤には防弾チョッキを着用していたそうな。
 そんな危険な状況に身を置いてまで、続ける仕事って何だったのか。
 奥さんも奥さんだ。私やったら付いていかない。夫に単身赴任してもらうわ。
 そこは聞かなかった。あまりプライバシーに首を突っ込まないほうがいいかなと思って。
 そういう命がけで支えあっていた時期があったからこそ、このご夫婦はこんなにも似てるのかなと感心した。

 機内食はベジタリアン。
 日本ではけっこう肉食べてるの、最近。
 でも、選べるんだったら肉なしのほうがありがたい。
 どこの航空会社でも、チケットを購入したあとに予約しておけば、ベジタリアン食を用意してもらえるよ。
 
 写真が青っぽいからおいしそうに見えないね。
 食事は暖色の光のほうがおいしそうに見えるもんね~。
 飛行機の天井から浴びせられる実際の光が青だったんだよ。
 味はともかく、ベジタリアンを用意してもらえるだけありがたい。

 無事ロスに到着。
 ありがとう、アメリカン航空!
 9時間の長旅にもかかわらず、とても快適に過ごせたよ。

 フライアウェイという中・長距離バスで空港から市街へ。
 アメリカってでっかい。建物も、人間も。

 ハリウッドの名所、ハリウッド・サインが遠くにうっすらと見える。
 この写真でわかってもらえる?
 山の上に、ぼやーっとHOLLYWOODの文字が。
 曇りだし、遠いので見えにくい。でも、見られてよかった。

 信号の歩行サインがかわいい。
 歩行者が前かがみになってがっつり歩いている感じのサインになってる。

 中心地のショッピングセンター。
 エジプト風の像がどーんとそびえ立っている。

 バットマン発見。

 噴水。近くの屋台でシャボン玉キットを売っていて、売り子の女性がデモンストレーションでシャボン玉を飛ばしていた。
 噴水とシャボン玉の組み合わせが楽しい。ふんわりと平和な気持ちにさせてくれる。

 街の雰囲気が、大阪・心斎橋のアメリカ村に似ている。
 あっ、違った。ハリウッドがアメリカ村に似ているのではなく、アメリカ村がハリウッドに似せてあるのだ。
 こうやってアメリカに来てみると、アメリカ村ってかなり忠実にアメリカを真似ているのだということがわかった。

 チャイニーズ・シアターという伝統ある映画館の前で人々がうろうろしている。
 著名人の手形・足形があるのだ。

 目に入ったアンソニー・ホプキンスの手形・足形。
 他にもハリソン・フォードとか見つけたよ。

 マクドナルドの看板。
 マクドナルドに入ったけど、頼んだダイエット・コーラがでかかった。

 泊まったホステル。
 3人で1つの部屋をシェア。
 1人は黒人の女の子で、ベッドでゴロゴロしながらイヤホンで何かを聴いている。ときどき吹き出してゲラゲラ笑い出す。そのたびにびっくりさせられる。
 もう1人はアジアの子。何気なく顔を見ると、大量の涙を流していた。
 こういうときって、詳しく訳を聞いてみるべき?
 詮索したらあかんかなと思って、何も聞かなかったんだけど……。

 ロスって、思っていたよりも治安がよさそう。
 油断したらあかんのはわかってるけど、銃社会だし着いたとたんに撃たれるんじゃないかとまで心配していたが、そこまでびびらなくても大丈夫っぽい。
 帰国まで無事に過ごせますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です