これが最新音声入力ソフトの実力

おはよう♪
 すがすがしい朝だね!
 アメリカ旅行の記事もまだ全部書ききれてないけど、今日はちょっと別の記事を挟みこませてください。
 今日の記事は、白誤字脱字が多いと思います。わけわからん内容になって途中で意味わからんこうなるかもしれない。
 と言うのも、この記事を書くにあたって、音声入力ツールを使っているからだ。
 キーボード打たずに、声で操作して、
 記事を書いてしまおうという試み。
 本来は、音声入力で記事を作った場合変なところを手入力で直して文章を作っていくものだけど、あえてここは音声入力ソフトの聖堂をみんなにも見てもらうために手を加えずにブログにアップすることにしました。

 音声入力ソフト買ったんだあるドラゴンスピーチ11っていうソフト。
 iPhoneには標準で音声入力のツールが入っているし、ドラゴンスピーチだって、アプリで無料版が手に入る。だけど、あえてこの音声入力ソフトをお小遣いを叩いて買うことにしたんだ。すぐ
 代金をヘッドセット付で1万9,000円弱だった。お遍路とアメリカ旅行でお金使い過ぎの私にとっては凍っていたり出費ではあったけれどもやっぱり有料版は無料の子のほほんと違ってかなり使い勝手がいいです。
結構普通のスピードで話してもヌルヌル動いてくれるし、結構ちゃんと文章になってるよね?
 
 ドラゴンスピーチ11は使えば使うほどその人の声に馴染んで使い勝手が良くなるみたい。私の声を学習して勝手に精度を上げてくれるのだ。使い始めてまだ2日目で保護制度だから、私もソフトもお互いに学んでいけば力強い味方になってくれそう。
 
 何のために買ったかというと、時々文字おこしのアルバイトをやっていて、そのために便利だからだ。 1時間以上の音声データを握り聴きながら文字に起こしているのでキーボードを打つ指がすごく疲れる。長時間作業するために、1音声データを自分で朗読して、ドラゴンスピーチに有力してもらって、またその音声を最初から聞き直しながら、ドラゴンスピーチで作った文章を直していくというやり方で作業を進めているのだ。
 
 本当はその音声テープ50 50テープをドラゴンスピーチが読み取ってくれたら、朗読しないでも自動的にドラゴンスピーチが読み取ってくれたら、とっても楽なんだけどなかなかそうはいかない。そういう機能が付いてるから実際にやってみたけど全然ダメ。わかりやすいようにゆっくりと読んであげないと音声テープが雑音が入っているからそのまま入れても宇宙語みたいな文章しかできないのだ。
 
 ソフトとして使うのは結構面白いし、作業時間が少しでも短縮できればソフト対応すぐ元が取れるという計算なんだけどおおだろうか
 
 山は朝の8時だけどさっきまで出と文字おこしの作業をしていたある締め切りまでになんとか間に合った。

今日はこれからちょっと寝る。起きたら、早速、文字起こしとはまた別のメインの仕事!
 枝豆を塩ゆでにして食べようと思って、昨日スーパーで買ってきてゆけずにそのまま冷蔵庫に入れっぱなしだ。今日こそ枝豆を茹でる。

 どうかなぁ?結構まともに入力できる国内?
 この調子でどんどんソフトの精度が上がっていってくれれば、もっと楽しいだろうな*
 まだ全然使いこなせてないので、いろんな機能、例えば特殊文字とかの入力の仕方なんか、そういうのを少しずつ学習していくのも面白そうだ。

じゃーねるねー。おやすみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です