おじさまとデートの約束をした

 こんばんは。

 明朝9時締め切りの仕事を、今終わらせたところ。
 ちょっと早めに提出できたので機嫌がいい。
 これからコーヒータイムです。

 今朝、ちょっと気が向いたので、お遍路で知り合ったおっちゃんに連絡を取ってみた。
 徳島の「へんろころがし」と呼ばれる、めっちゃ険しい山道の入り口で出会った人。
 そのとき、「一緒に歩きますか?」って誘ってもらったんだけど、私は足を痛めていて、早く歩けないからおっちゃんの迷惑になってはいけないと思い、お礼を言ってお断りした。そのあとも、おっちゃんが昼ご飯で長く休憩していたときに私が追いついたり、たまたま泊まった宿が一緒だったりして、なんだかんだで2、3日ぐらい顔を合わせる機会があった。

 おっちゃんは、阿波(徳島)と讃岐(香川)の札所(寺)だけ回ったんだって。まだ伊予(愛媛)と、難関の土佐(高知)が残っている。
 高知の何が難関かっていうと、他の県に比べて、札所が少ないの。つまり、札所と札所の間があいてるってこと。徳島の最初のほうとか香川あたりには札所が密集してるので、1、2キロ歩いたら次の札所に行けたりしてけっこう楽しく回れるんだけど、高知は次の寺まで3日かかることもあるの。その間、海沿いをただずううううっと歩いているという……。
 
「他の人からもメールがあったよ。その人もあなたと同じように全部回りきったけど、願いがかなったかどうかは分からない、みたいなこと言ってたな」とのこと。
 私の場合、自分の願い事もしたけれど、お札に書いた願意は、願い事というか……。この話は長くなるからまた今度にするわ。

 お互いにいろいろ話したいこともあるし、もう少し涼しくなったらお茶でもしましょうということになった。
 ちょっと離れているけど、2人とも大阪府下に住んでいるんだよね。
 おっちゃんは、10月にまたお遍路の続きをするみたい。まだ行っていない伊予と土佐について私にいろいろ教えてほしいって言う。私も1回行っただけやからあんまり知ってることありませんよって答えたんだけど、それでも、知っている範囲でいいからって。
 私の情報が役に立つかどうかわからないけど、他の人にいただいた「良い宿リスト」とかはコピーしてお渡ししようと思う。余った線香とかライターとかも差し上げられるので嬉しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です