この母にしてこの娘

 母から葉書が届いた。
 葉書はしょっちゅう来る。数か月に1回。先月も暑中見舞いが届いたばかりだが、今回は残暑見舞いだった。

「残暑お見舞い申し上げます。
盆休みは旅行行ったのかな? いつでも遊びに来てね。送り物(※原文ママ)、ありがとう。美味しくいたヾいています。友達に一ケあげました 日頃、よくしてもらっているので
今朝、体をふいていたら頭にハゲが出来ていた。
夕べ、やられたみたい。猫の話。猫社会もきびしそう。
今度、来た時はお肉、食べさせるよ。いつも野菜でごめんな。
『喜こぼう、この人生もっと喜こぼう 喜び嬉しがって生きよう』ニーチェ」

 ちょっw お母さんがハゲたんかと思たやんかww
 よく読んだら飼い猫の話やったww

 なんか、母の文章って私の文章の雰囲気に似てない?
 最後にニーチェの言葉で締めるというチョイスがなんとも……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です