Nのために

 仕事が忙しいです。
 8月23日の朝には苦境を乗り越えられそうなので、23日は仕事を終わらせ次第、休みにする!
 できれば23日を丸々休みにしたいので、22日夜には前倒しで仕事が終わるように頑張る!
 仕事があること自体はすごくありがたいと思っているよ。
 少しでも社会の役に立っているといいなあ。

 ずっとパソコンの前にいるわけだけど、パソコン作業をしながらディスプレイの端っこのほうにブラウザを立ち上げて、動画ストリーミングサービスで何かの動画を再生していることが多いよ。YouTubeを観ながら仕事とか。
 昨晩からU-NEXTというストリーミングサービスを利用して、日本のドラマを観ていた。「Nのために」っていう、湊かなえさんが原作を書いているやつ。一晩で全話観てもうた。どんだけパソコンの前に座りっぱなしかわかるやろ?

 「Nのために」、めっちゃ面白かった!
 ここ数年で観た作品の中では一番かもしれない。
 
 ストーリーがしっかりしてる。ドラマが原作にどれぐらい忠実かわかならいけど、やっぱり湊かなえさんはすごいなあ。いくつか作品は読んだけれど、どれも根底に流れている湊かなえらしさっていうのがあって、変わらない何かを感じさせるよ。

 前半は、主人公の生きる環境が過酷すぎて、胃をムカムカさせながら観ていた。胃に穴があくかと思った。体に悪い。
 主人公は裕福な家庭に生まれた女子高生。ある日、父親が不倫。父親は不倫相手の女性と住むために、主人公とその母、弟を家から追い出す。
 追い出された3人のために父親が用意した家はとんでもないボロ家。家には父親から毎月10万円が振り込まれるが、裕福だったころの感覚が抜けない母親がすぐに使ってしまう。現実が見られず狂っていく母、家を出る弟。追い詰められて、追い詰められて、家を出る主人公。

 前半部分は不幸と苦しみの連続で感情移入しながら観ているとつらいけど、でも、そうした不幸の年月があるからこそ後半の感動が大きい。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です