お遍路体験記 1日目 2017年3月7日

 旅のスケジュール。
 京都の東寺(お大師様の縁の寺で、これからお遍路に行くと報告する)→ 四国を1周して、八十八箇所を回り切る → 高野山(お大師様が入滅された場所)

 ミカさんは、フルで回って35日間掛かったらしい(東寺と高野山に行ったかどうかは不明やけど)。私は歩くのが遅いし、余裕を持って、45日間ぐらいで歩けるかなかなぁと。

 早朝、お遍路の装束でアパートを出る。アパートの住人が私の格好を見たらびっくりするかな、と心配したけど、誰にも会わずに済んだ。

 阪急電車で、京都へ。駅の近くのコンビニでパンを買う。早速、専務に餞別でいただいたQUOカードを使わせてもらう。まだ、お遍路姿が馴染まず、コンビニに寄るのも抵抗がある。


 東寺には、7時過ぎに到着。
 早速、お参りする。蝋燭と線香を捧げる。納め札入れにお札を納める。覚束なく、マゴマゴしながら、般若心経を唱える。

 般若心経を唱えた証として、納経帳に御朱印を押してもらう。
 四国の札所(お寺)で御朱印を押してもらえる時間は7時から17時だと聞いていたので、東寺も7時からOKだと勝手に思っていたが、8時からだった。寺の中をぶらぶらして、時間を潰した。


 初めての御朱印。係の人が、印を押した上から、筆でサラサラサラ~って書いてくれる。

 東寺を後にし、電車で移動。大阪の難波まで出て、難波から和歌山へ。
 「頑張ってね」って声を掛けてくれる人も、ちらほら。声には出さなくても、「お遍路さんや~」って、笑顔を向けられることが多い。特に、中年の女性にウケがいい。

 和歌山港から、フェリーで徳島へ。


 船の中の様子。


 Wi-Fiも繋がるし、スマホの充電もできる。パソコン作業をしながら過ごす。


 あっという間に徳島に到着。
 船体に、なぜかアニメ調のキャラが描いてあって気になる。


 吉野川に架かる橋を渡り、北上。


 吉野川は、すごい広い川だったよ。橋の上は、車がびゅんびゅん通って怖い。

「大変やね、頑張って」とか、「車に乗せてあげようか?」とか、「行き方、わかる?」とか、色んな人が声を掛けてくれる。大阪に住んでいると、見ず知らずの人に声を掛けられることなんてないから、もうびっくり。


 歩いていたら、何かのお店らしき建物が、飴の入った箱を持って駆け寄ってきた。「いくらでも、持っていって」と言ってくださった。遠慮なくいただく。初めてのお接待。

 15キログラムの荷物なんて、余裕で持てると思っていたけど、いざ歩いてみると、結構、辛い。15キロメートル歩くと、クタクタ。しかも、思ったよりも時間がかかって、目的地に着いたときには、辺りは真っ暗。先が思いやられる。


 目的地。ネットカフェ。宿泊費を節約する作戦。2000円ぐらいで泊まれる。どうせ夜中まで、ノートパソコンで仕事をするので、泊まるとこには拘りなし。


 青い点のところが、現在地。明日は、西に向かって歩く。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です