朝井リョウ『何者』

何者 (新潮文庫)

新品価格
¥637から
(2017/11/29 16:21時点)

 就職活動に勤しむ学生の話。
 私は学生時代、就職活動氷河期にぶち当たって、結局、就職活動から逃げた人間なので、この本を読んで、あの、不安でドヨーンとした就職活動の感じが伝わってきて、「ああああああ」ってなった。
 気持ちが滅入ってくるので、途中で読むのをやめようかと思ったけど、最後まで読んでみたら、ぐっときた。
 途中で放り出さずに、読むなら最後まで読むことをお勧めします。
 物語の中の、スマホやツイッターやSNSの使い方がすごく上手い。作者が1989年と若いだけあって、今っぽい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です