お遍路体験記 6日目 2017年3月13日

 皆でワイワイと朝ご飯を食べたあと、2泊お世話になった宿を出る。
 郵便局に寄った。実家の姉に宛てて、なくても差し支えなさそうな余分な荷物を送る。ちょっとでも荷物を減らす作戦。


 なんか、ウルトラマンみたいなのがおる……。


 14番、常楽寺。


 小雨が降ってきたので、納経を済ませた後に屋根のあるベンチで休憩。

 宿で一緒だった30代ぐらいの男性Kさんに会う。まあ、皆、お遍路をしている以上、同じ方向を目指して歩いている訳で、会っても不思議ではないのだけど。
 Kさんは、山形出身で、数日間、仕事の休みを取って来ているんだって。ずっとお遍路に行きたかったらしい。数日間で、どこまで周るかは特に決めてないんだって。大人や……。私みたいにセカセカしてないもん。

 ベンチにフランス人のおっちゃんが合流。日本へは何度か来ていて、独学で勉強しているそう。日本語についての質問を受ける。
 お遍路中に、タダで泊まれる場所のことを何て言うのか聞かれた。多分、お寺の中にある建物が通夜堂で、外にある、民間の建物が善根宿だと思うんだけど、合ってるかな? 善根宿は、いくらかお金がかかる場合もある。

 雨がほとんど上がったので、また歩き出す。Kさんと一緒。
 足を引きずって歩いていたら、「痛そうですね」と気に懸けてくれる。皆に心配をかけて申し訳ない。

 ぼそぼそと雑談をしながら歩く。
「今晩は、ネットカフェに泊まって、仕事するつもりなんですよ」と話したら、ちょっと引かれた。

 15番、国分寺の写真を撮るの忘れた……。
 フランス人のおっちゃんの写真モデルになったよ。私の写真は、今頃、フランスに渡っているはず。


 16番、観音寺。


 足に対する崇拝が、インドっぽい。
 インドって、聖人の足に額を付けて敬意を示す習慣があるから。


 17番、井戸寺。このお寺のデザインとか配色とか、なんか好き!


 お大師様が湧かせた井戸。願いが適うらしい。


 日を限って願い事をするといいらしい。


 Kさんに、いろいろと気をつかってもらったので、井戸のお水をプレゼント。Kさんは、他のお遍路と話し込んでいたので、お水を渡し、お礼を言って別れた。

 しばらく歩いていたら、Kさんが追い掛けてきた。
 正確には、私が歩くのが遅いので、追いついたと言うべきか。
 
 で、今晩、ネットカフェに泊まらずに、一緒に温泉宿に行かないかと誘われる。バスで12番の近くまで戻らなあかんらしい。
「変な意味はないから、安心して。温泉にゆっくり浸かって、足を休めたほうがいいと思うので」とのこと。
 変な意味だとは思っていないけど、温泉宿は、けっこう高い。この先の旅で、いくら掛かるかわからないし、できれば宿代は節約しておきたい。
 12番まで戻るのも、時間のロスになる。明後日の宿も取ってあるから、旅程がズレるのは困る。
 それに、一緒に温泉宿に行ったら、Kさんとご飯を食べて、おしゃべりして、結局、仕事はできないと思う。

 せっかくの提案だけど、お断りした。
 LINEのアカウントを交換して別れた。


 街に到着。
 イヤホンのパーツ(耳に当たる柔らかい部分)を紛失したので、電気量販店に買いに行く。お遍路の衣装と電気量販店の現代的な感じがミスマッチ。


 雨がしとしと降っている。
 車道沿いを歩いていたら、「お遍路さーん!」と追い掛けてくる見知らぬ男性が。
「ちょっと、うちの事務所で休憩していきませんか」
 お言葉に甘えて、ちょっとだけ寄らせてもらう。
 不動産業者の事務所だった。声を掛けてくださった方は、社長さんみたい。車でお遍路した経験があるんだって。
 ココアをいただいた。お接待として、1000円をいただいた。お金をいただくのは初めて。夕食代として、有難く使わせてもらう。


 事務所に張ってあったポスターが目に留まる。
 ビッグひな祭り!
 このネーミングセンスたるやっ!
 次に行く予定の町で、開催されているらしい。要らなくなったひな人形を全国から引き取って、皆に見てもらう取り組みみたい。わー、行きたいな~。


 ネットカフェに到着。


 今日もいろいろあった。
 しかし、雨だと歩きにくい。天候って大切。
 夜中まで仕事に勤しむ。
 インターネット接続のために、ポケットWi-Fiを持ち歩いているが、山間部は電波が悪いときも多い。その点、都市部は助かる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です