お遍路体験記 9日目 2017年3月16日

 山形のKさんから、毎日、LINEが来る。友達ができて嬉しい。
 Kさんは、ゆっくり回ってはるから、私よりも50キロぐらい後ろを歩いてはる。
「交通機関を使って、そっちまで行くから、ご飯でも、どう?」って言ってくれたんだけど、断った……。
 Kさんは、ぜんぜん悪くない。しかし、Kさんと私は、お遍路に対する考え方が違うと思う。
 私は、修行だと思っているし、ご飯を食べたり観光したりして楽しみたいとは思っていない。歩くのに必死やし、仕事も持ってきてるから、毎日が闘い。
「少しでも進みたいので……。また、山形に遊びに行くかもしれないし、山形で会いませんか?」って返事をした。

 今日は33キロ歩かなあかん日。
 バスに乗るか迷ったけど、やっぱり、歩く!
 宿での朝ご飯は断った。コンビニで買うことにする。日の出を待ち、5時半に宿を出る。


 22番、平等寺。足が痛いから、階段はやめて……。


 自動販売機で飲み物を買い、ベンチで休憩していたら、近所の方から蜜柑をどっさりいただいた。「水代わりにして」って。ありがたく頂戴する。


 蜜柑を食べながら歩く。道端の休憩所。23番、薬王寺まで、あと11キロ。


 休憩所の感想ノート。
「2017.2.14
 巷はバレンタインで、私の友達も、きゃあきゃあ騒いでいるのかなーと1人(いや、お大師様と2人か)チョコを食べて休ませていただいています。高1、16才。少々心細い思いもしましたが、お大師様や仏様のおかげもあり、こうして歩かせていただいています。今日は薬王寺まで、頑張ります! 東京都 I.T」


 ついに、薬王寺到着!


 着いたのは、16時半。納経所の閉まる30分前。慌ただしいので、お参りは明日にすると決めた。
 昨日の宿で一緒だった2人組のおっちゃんと鉢合わせ。
「その足でよう歩いたな! 偉い偉い!」と褒めてもらった。ちょっと泣きそう。
 おっちゃんたちは、海沿いの道を歩いてきたらしい。いい景色だった、って。
 私は、ひたすら内陸の道を歩いた。内陸の道のほうがちょっと短いから。歩いている途中で、地元の人にも、内陸の道のほうが断然近いって教えてもらったの。


 薬王寺さんの宿坊。温泉もあるよ。足をゆっくり休めよう。
 おっちゃんたちも、今夜は、ここの宿坊。


 味のある部屋。旅情たっぷりでしょ?


 夕飯。おっちゃんたちに、お接待でもらった蜜柑をお裾分けした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です