お遍路体験記 10日目 2017年3月17日


 朝のお勤めに参加。

 足がもう駄目。マメと炎症。あと、内出血で、爪の中が真っ赤。石段がきつい。手摺りを頼りに、よぼよぼと上る。足の悪いお年寄りの気持ちがよくわかる。

 朝から皆で般若心経を唱えると、気分が良い。
 
 最後に、順番に立ってお焼香をする時間があった。足が不自由で、急に立ち上がれない。焦って、隣のおっちゃんに、「私はゆっくりしか立ち上がれませんので、先にお焼香なさってください」ってお願いした。おっちゃんは、先に行かず、私の腕を持って、立たせてくれた。
「ゆっくり。ゆっくりでいいから」って。
 足のことだけじゃなくて、生き方について指南してもらったみたいで、感動した。ちょっと泣いた。


 お勤めの後、宿坊の食堂で、朝ご飯。

 朝ご飯の後、先日から親切にしてもらった2人組のおっちゃんに挨拶して、すぐに出発した。

 ちょっと山のほうに入った。一部、スマホがつながらない地域も。AUは、ほとんどつながるんだけどね、数日に一度、何時間かは、つながらない場所を通る。


 意識高い系のカフェで、ランチ。


 海が見えてきた! 感動!


 海ーーー!!!


 本日の宿。
 あまりにもヨボヨボな歩き方なので、ご主人に心配された。
「うちの前を、あなたみたいに足を引きずって歩いている人、よく見かけますよ」とのこと。この辺まで歩くと、足を壊す人が多いんだろうなあ。

 他の人に話を聞くと、皆、お遍路に来る前に、ちゃんと鍛えてはるの。1日1時間は必ず歩く、とか。
 私は、普段は丸っ切り運動しないからなあ。鍛えてから来ることにしたら、いつまで経っても来られそうにないから、とりあえず旅立って、お遍路で歩いていく中で少しずつ鍛えていく予定だったんだけど……ねえ……。


 ここの宿のご飯は、めっちゃ美味しかった!
「こんなに美味しいものは、初めて食べました!」って言ったら、他のお客も含めて、皆に笑われた。日ごろ、美味しいものを食べていない、かわいそうな人みたいに思われたかも。でも、それぐらいおいしいと思ったよ。奥さんが、毎日、何時間もかけて、丁寧に作ってはるの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です