お遍路体験記 11日目 2017年3月18日

 宿のご主人に、海に上がる日の出が美しいと聞いて、早朝、浜辺に見にいった。
 薄暗い中、ぼーっと待っていたら、浜辺をジョギング中の地元の人が、「もうすぐ日が昇るよ」と教えてくれた。


 わぁー。


 きれいー。なんという贅沢!


 朝ご飯。


 食後に、奥さんのお手製のクレームブリュレをいただいた。
 手の込んだお料理に感激。朝からデザートが食べられるなんて。

 ご主人と奥さんに見送られながら、宿を出る。


 道端の休憩所で、オロナミンCをいただいた。


 今、↑このへん。しばらく、海沿いの道が続くよ。
 歩き始めた最初の数日は、札所が密集していて、1日に何度もお参りしたけど、このへんは、札所が、まばら。3日歩いてやっと札所が1カ所だけってことも。
 とにかく、ひたすら歩く。海を左手に見ながら歩いていればいいので、道に迷う心配はない。
 
 地元の人が、しょちゅう声を掛けてくださる。「偉いねー」って。
 歩いているだけで褒めてもらえる不思議。事故上人欲求が強い人には、たまらないだろうね。


 高知に突入。


 今夜と明日の夜と、2泊する予定の宿。ビーチから目と鼻の先で、サーファーが多い。
 予約時に確認したんだけど、サーフィンのオフシーズンで食堂が開いておらず、徒歩圏内に食べ物を売っている店もない、とのこと。それでもいいなら、泊まってくれてもいいけど、どうする?って聞かれた。お湯は提供してくれるらしい。
 コンビニで食料品を買い込んだので、まあ、なんとかなろだろう。


 チェックインの手続きを済ませ、部屋に荷物を置いてから、海へ。ノートパソコンを膝に載せて、海を見ながら仕事。


 だいぶ歩いたよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です