お遍路体験記 15日目 2017年3月22日


 宿の女将さんが、次に私が泊まるホテルの近くまで、車で出掛ける用事があるんだって。それで、私の背負っているリュックを、車で次のホテルまで運んでくれることに。なので、肩がけのバッグに線香やら蝋燭やら、参拝に必要なものだけ詰めて、軽い荷物で歩けることに。足が痛い私には、大変ありがたい。

 私が朝ご飯を食べてしまうと、女将さんは女子大生のアルバイトの子を連れて、車で出ていった。
 私は8時過ぎまで部屋にいさせてもらって、仕事をしていた。歩き遍路の人は、普通は早朝に出発して、歩きはじめるもんなんだけどね。仕事が終わらないのだから、しょうがない。

 なんとか仕事を終わらせ、宿を後にする。


 お大師様が座った石があるんだって。ほんまやろか。


 この、矢印のところに座っていたらしい。


 道の駅に寄る。お遍路に出る前に、壮行会を開いてくれた会社の先輩2人と姉に、お土産を発送した。ここらへんは海亀が見られるらしく、海亀の形をしたお菓子を送っておいた。
 ゆず味のアイスクリームを食べる。


 昔ながらの街並みを歩く。あんまり人が歩いていない。

 なんか、手の甲に、原因不明のブツブツが……。
 旅立ってから、2週間。体に無理がかかっているのかも。それか、ここ数日で、変なものを食べたか。四国に来てからというもの、普段、口にしないような魚とかを食べてるからかもね。謎。皮膚科に行ったほうがええやろうか。でも、時間がないし、皮膚科も見当たらない。


 ホテル到着。女将さんが運んでくれたリュックが、ちゃんと届けられてた。部屋に運んでおいてくれたので、助かった。


 人によると思うけど、私の場合は、民宿よりも、ビジネスホテルのほうが合っている気がする。夕飯の時間に縛られることがないし、一人でいられる。みんなでわいわいご飯を食べたり、他のお遍路さんと情報交換したい人には、断然、民宿のほうがいいんだろうけどね。私は、ご飯をぱっと食べて、仕事をしたいし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です