お遍路体験記 17日目 2017年3月24日


 お昼ご飯は、観光案内所がお勧めしてくれた店に、しらす丼を食べに行った。


 店員のおばちゃんが、語尾に「じゃこ」を付けるのが、やたら気になる。
「いらっしゃいじゃこ~!」、「ありがとうじゃこ~!」って感じ。


 公民館みたいなところで、立派なお雛様が展示されていた。


 車に乗った女性が、わざわざ車を停めて「乗りませんか?」と声を掛けてくださった。
 歩きたいから、とお断りしたが、お菓子はいただいた。食べながら歩く。


 別の女性からいただいたカイロ。

 犬の散歩をしているおじさまに道を尋ねたら、「泊まるところはあるの? この先のお堂で、よくお遍路さんが野宿してるけど?」とのこと。
 無料の宿泊所は使わないことに決めている。だって、誰が入ってくるかわからんやん? 怖いから。男だったらチャレンジするかも、だけど。

 なかなか宿に着けず。日が暮れてきて、心細い。
 実家の母から、電話がかかってきた。「お好み焼きをたくさん焼いたから、食べにけえへん?」とのこと。
 お遍路に出ていること、母には話していないのだ。というか、会社を辞めたこと自体、話していない。ちゃんと生活できるのか、心配すると思うので。言うタイミングがなく、会社辞めてからもう1年になる。このまま言わなくてもいいかな、と思ってるの。


 宿に着いた。静かで落ち着いた宿。
 夕食のない宿なので、コンビニで買った食料で夕食を済ませた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です