お遍路体験記 19日目 2017年3月26日


 朝から坂道を上る。酸欠で、めまいが。
 休みを挟みながら、少しずつ足を進める。


 坂道を上り終えたかと思ったら、石段が続く。


 31番、竹林寺。

 竹林寺を出て、長い下り坂を下りる。昨日の雨で石段が滑りやすく、ちょっと怖い。
 石段を下り終わったところで、声を掛けられた。
 お遍路のおじさん。13番、大日寺の近くの宿で一緒だったらしい。そういえば、お会いしたような。
 しばらく、立ち話。靴が駄目になってしまったので、靴屋で新しい靴を買ったばかりなんだって。
 私の靴も、かなりボロボロの状態。
 おじさんに、竹林寺への道を教えて、別れた。


 おじさんと別れてすぐ、別のおじさんが待ち構えていた。今度は、お遍路さんではなく、地元の人。缶コーヒーをお接待していただいた。感謝して、飲みながら歩く。


 32番、禅師峰寺(ぜんじぶじ)。思ったよりも遠かった。やばい。時間が厳しい。
 今日は33番、雪蹊寺(せっけいじ)への参拝まで済ますつもりなんだけど。納経時間の17時までに、間に合う自信なし。

 禅師峰寺を出て、雪蹊寺へ急ぐ。
 雪蹊寺へ行くには、海を渡らないといけない。フェリーが出てる。もしくは、浦戸大橋という長い橋を渡るか。
 お大師様がお遍路をしたときは、フェリーに乗っていないはずなので、ここは橋を渡るべきだろうと考え、橋をチョイス。
 が、このチョイスは失敗だった模様。
 歩道が狭い! 隣を車がビュンビュン通り過ぎる! 怖い~~。

 命からがら、橋を渡り切る。道に迷ったりしながら雪蹊寺を目指すが、納経時間にとても間に合いそうにない。
 諦めかけたそのとき、突然、横を通りかかった車のサイドミラーが開いて、運転していたおっちゃんが、「これから雪蹊寺に向かうんでしょ? 今ならまだ間に合う! 急いで!」と励ましてくれた。感化されて、猛烈ダッシュ。


 33番、雪蹊寺に着いたのは、16時59分!!!
 納経所の女性が、片付けを始めようと外に出たところだったが、息せき切って走り込む私の姿を見て、納経所に戻ってくれた。


 本日の宿。雪蹊寺の真正面。
 
 数日前、ヨドバシカメラのオンラインストアで購入したイヤホンを、この宿に届くように注文していた。イヤホンが壊れたの。宿にお願いして、荷物を受け取ってもらっていた。無事に届いていた。


 土佐名物のかつおのたたきを夕飯にいただいた。
 写真にビールが写っているけど、私のじゃないよ~。一緒に食べたおっちゃんの。
 おっちゃんや、車で周ってらっしゃるご夫婦と一緒に食事。浦戸大橋を渡った話をすると、笑われた。フェリーに乗ればいいのに、って。お大師様は舟は利用したから、フェリーは乗ってもOKやねんで、と。
 おっちゃんに、明後日の移動では、渡し船(フェリー)も利用できるって教えてもらった。フェリー乗り場を教えてもらう。
 なんか、このおっちゃんは、何回もお遍路に来ていて、毎回、すごいペースで歩いているみたい。最短記録は、28日で一周。私、今日で19日目で、まだ33番……。
「そりゃ、遅いわ!」って、突っ込まれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です