お遍路体験記 21日目 2017年3月28日

 チェックアウトのとき、フロントの女性に、副支配人によろしく伝えてもらえるように頼んだ。車で送ってもらったし、靴を買うのに相談に乗ってもらったし。


 国民宿舎の隣の建物。多分、ホテルだと思う。
 ギリシャのサントリーニ島を模している。

 ↓サントリーニ島、いつかは行ってみたい。
 サントリーニ島wiki


 36番、青龍寺(しょうりゅうじ)。


 数珠を紛失して、捜すのに階段を上ったり、下りたり。境内で見つかった。


 青龍寺を後にして、さらに歩く。
 渡し船に乗りたい人に、アドバイス。乗り場がめっちゃわかりにくい。↑この自販機が目印。


 自販機のところを曲がった、裏手。


 渡し船が待機中。


 船に乗り込んでいいのかわからないから、待合室で待機。誰も来ないので心配になる。
 通り掛かった地元の人に尋ねると、時間になったら船の操縦士さんが来るから、待ってて大丈夫、とのこと。勝手に乗り込んだらあかんみたい。乗客がいないと思われたら困るから、待合室の戸を開けっぱなしにして待つ。
 操縦士さんが来るまで、地元の人が話し相手になってくれた。


 結局、乗客は私一人だった。


 船着場に到着。船を見送る。
 降りたとこにあるコンビニで弁当を買って、海を見ながら食べた。

 道端にあった休憩所で、お遍路の休憩所で知り合う。
 私の歩くペースが遅い、と笑われる。20日も歩いてて、まだここにいるのか、と。ゆっくり歩いて日数がかかれば、その分、宿代だってかかるねんでとお説教。
 ちょっとイラっとする。私だって、そんなことはわかってんねや。長いこと家を空けているのは心配やし、歩きながらやと、仕事もセーブせなあかんし。
 せやけど、このペースでしか歩けへんねんから、しゃあないがな。
 おじさんには、にこやかに「そうですよねー」と相槌を打っておいたけど。
 
 ただ、昨日買った靴のお蔭か、時速3キロから時速3.3キロぐらいで歩けるようになった気がする。ちょっとだけ、レベルアップか?


 今日の宿。須崎というところにあるビジネスホテル。
 須崎って場所。
 桃太郎電鉄をプレイする人には有名だけど、鍋焼うどんの町だよね。
 話のタネに食べにいきたかったけど、足が不自由なもので……。


 部屋の中は、ワンルームマンションのような造り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です