お遍路体験記 23日目 2017年3月30日


 舗装された道を歩く。
 坂道をのぼって、七子峠(ななことうげ)を越えた。
 七子峠のベンチで休憩していたら、眼帯をした男性のお遍路さんに会った。この人は、杖の代わりに2本の登山ストックを持って歩いているんだけど、山道で滑ってバランスを崩したときに、ストックの先が目に思いっ切りぶつかったんだって。
 眼帯を外して見せてもらったけど、白目が真っ赤。お遍路が続けられているぐらいだから、深刻な症状ではないのかもしれないけど、ちょっと間違ったら失明してたかもねえ。人通りの少ない道も多いから、安全には気を付けないと。


 峠を越えて、畦道を歩いていたら、カップルのお遍路さんと知り合った。
 南米系のアメリカ人の女性と、日本人の男性。50代のご夫婦で、ミシガンに住んでいるんだって。
 今回の旅では、40番ぐらいまで歩く予定らしい。
 仲が良さそうで、うらやましい。
 2人とも、すごく気さく。今夜は同じところに泊まることがわかったのだが、宿まで荷物を持ってあげようか、と言ってくださる。私の足が、痛そうなので。
 申し出はありがたかったけど、自分の荷物は自分で持つべきやと思うから、お礼を言ってお断りした。
 私のスローペースに付き合わせると悪いから、2人には先に行ってもらう。また、宿で会えるし。


 とあるご夫婦がボランティアで営んでいる休憩所で、コーヒーとお菓子をいただく。
 旅のアドバイスなど、いろいろお話を聞かせていただいた。


 37番、岩本寺。


 岩本寺の宿坊に泊まる。桜が見える良い部屋だったが、残念ながら、今年の桜は咲くのが遅いらしく、まだ咲いていなかった。


 昆布茶。お湯を注ぐと、昆布に御宝号「南無大師遍照金剛」の文字が浮かび上がる。
 文字が出てるの、わかる?


 アメリカ人のご夫妻も含め、みんなでわいわい食事。
 85歳ぐらいのお遍路のおっちゃんに、「その足では歩きにくいと思うから、一度、整形外科で診てもらったほうがいいよ」とアドバイスを受けた。確かに、病院に行ったほうが良い気がしてきた。痛み止めとして、薬局で買ったバファリンは飲んでいるんだけど、効いているのかどうか、よくわからない。
 病院に行く時間はロスになるけど、急がば回れ、かもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です