お遍路体験記 32日目 2017年4月8日


 大雨。靴やらズボンの裾やらが濡れる。歩きにくい。


 朝から焼きそば定食。お店の奥さんが、私の濡れた上衣をストーブで乾かしてくれた。


 ついに愛媛県に突入。


 建設会社が運営している遍路小屋で休憩させてもらった。雨音を聞きながら休憩。
 トイレもお借りできて、大変助かった。

 雨に濡れながら歩いていたら、車が停まった。
「雨の中、大変でしょう? 乗って、乗って」と。
 お言葉に甘えて乗せていただく。

 乗せてくださった方は、40代ぐらいの男性。関東出身だけど、体が弱いので、空気のよいところに住みたくて愛媛に移ってきたんだって。
 でも、周囲の人たちとうまくいっていないらしく、移住を後悔している様子。
「あなたが男だったら、無理矢理にでも家に連れて帰って、酒を飲ませるのになあ」と残念そうに仰る。この人はきっと、すごく寂しいんだろう。
「よかったら、明日も41番、42番ぐらいまでだったら車で送るよ。連絡先を教えようか?」と言ってくださったが、なるべく歩きたいのでお言葉だけ頂戴することにした。


 41番、観自在寺。


 愛媛に入ってから、急に桜の花がちらほらと見られるようになった。


 ちょうど、花祭り。甘茶をいただく。


 今日は観自在寺の宿坊に泊めていただく。


 だいぶ歩いたでしょ?


 夕食用にカップうどんとスナック菓子を持っていたら、お寺の方(作務衣を来てはるけど、お坊さんだろうか)が、「それを夕食にするの? ちゃんとしたものを食べないと体がもたないよ」と、声を掛けてくれた。近くの洋食屋さんの地図を書いてくださった。
 カップうどんとスナック菓子は、その方に差し上げた。
 夕方に洋食屋さんまで行ってみたけど、まだ開いていなかった。結局、スーパーで惣菜を買って宿坊で食べることに。


 カップうどんとスナック菓子のお返しに、と、珈琲飴をいただいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です