お遍路体験記 16日目 2017年3月23日


 おはようございます。

 早朝に、えっちらおっちら歩き出す。
 山道がきつい。険しくはないけど、長く続いている。
 もう半月も歩いているんだから、いい加減、地図の見方に慣れてほしいところだけど、坂道と平地では、同じ距離でも大変さが違うってことを考えて歩くプランを練ることがどうしてもできない。

 小雨の中、一歩一歩、歩く。

 旅立つ前は、お遍路をしながら人生のこととか考えようと思っていたけれど、実際に歩いてみると、そんな余裕はない。足が痛いから、一歩踏み出すのにも一苦労。
 でも、足の痛みという体の感覚を観察しながら歩く作業は、ヴィパッサナー瞑想に似ているといえば、似てる。
 人間は、過去のことを思い煩うか、未来のことを心配することで悩みが生じるでしょう? 現在の一瞬、足を運ぶ瞬間のことしか考えられない状態は、精神衛生上、よろしいかもしれない。


 27番、神峯寺。お庭の手入れされた、美しいお寺だった。


 お地蔵さんの中に、ホラーゲームに出てきそうなシェイプのお方が混じっている。
 私、お地蔵さんって好きなんだ。前掛けの色褪せた感じとかがいい。ずっと見ていたい。


 湧き水をいただいた。ペットボトルに入れてガブ飲み。

 ホテルまでの道を、ひたすら歩く。
 雨の中、足が進まない。
 夕飯を買うためにスーパーに寄ったら、70代ぐらいの女性に声を掛けられた。
「羨ましい。私も若かったら行きたいのよ」と仰る。
 年齢は、あんまり関係ないと思うけど、どうだろうか。本当に行きたいなら、すべてを投げ打ってでも行ったらいいのにって思うなぁ。きっと、他に優先すべきことがあるから、旅立たないだけなんじゃないかな。
 健康とかお金とか家族のこととか、いろいろ事情はあるだろうけれども。
 私も旅立つ決心がつくまで15年もかかったわけやから、偉そうには言えないのはわかってる。
 行きたくても行けない人がたくさんいるんだから、旅立てた境遇に感謝して歩かせてもらわんとあかんわ。

 スーパーを出て、ふらふら歩いていたら、遠くから、「お遍路さーん、お接待しますよ」と声を掛けてくださった男性が。500円いただいた。ありがとうございます。


 全身、雨水でボトボトでホテルに到着。

お遍路体験記 15日目 2017年3月22日


 宿の女将さんが、次に私が泊まるホテルの近くまで、車で出掛ける用事があるんだって。それで、私の背負っているリュックを、車で次のホテルまで運んでくれることに。なので、肩がけのバッグに線香やら蝋燭やら、参拝に必要なものだけ詰めて、軽い荷物で歩けることに。足が痛い私には、大変ありがたい。

 私が朝ご飯を食べてしまうと、女将さんは女子大生のアルバイトの子を連れて、車で出ていった。
 私は8時過ぎまで部屋にいさせてもらって、仕事をしていた。歩き遍路の人は、普通は早朝に出発して、歩きはじめるもんなんだけどね。仕事が終わらないのだから、しょうがない。

 なんとか仕事を終わらせ、宿を後にする。


 お大師様が座った石があるんだって。ほんまやろか。


 この、矢印のところに座っていたらしい。


 道の駅に寄る。お遍路に出る前に、壮行会を開いてくれた会社の先輩2人と姉に、お土産を発送した。ここらへんは海亀が見られるらしく、海亀の形をしたお菓子を送っておいた。
 ゆず味のアイスクリームを食べる。


 昔ながらの街並みを歩く。あんまり人が歩いていない。

 なんか、手の甲に、原因不明のブツブツが……。
 旅立ってから、2週間。体に無理がかかっているのかも。それか、ここ数日で、変なものを食べたか。四国に来てからというもの、普段、口にしないような魚とかを食べてるからかもね。謎。皮膚科に行ったほうがええやろうか。でも、時間がないし、皮膚科も見当たらない。


 ホテル到着。女将さんが運んでくれたリュックが、ちゃんと届けられてた。部屋に運んでおいてくれたので、助かった。


 人によると思うけど、私の場合は、民宿よりも、ビジネスホテルのほうが合っている気がする。夕飯の時間に縛られることがないし、一人でいられる。みんなでわいわいご飯を食べたり、他のお遍路さんと情報交換したい人には、断然、民宿のほうがいいんだろうけどね。私は、ご飯をぱっと食べて、仕事をしたいし。

お遍路体験記 14日目 2017年3月21日


 朝ご飯を食べて、すぐに出発。

 雨が降ってる。雨の日は、歩きづらくて、きつい。海も、荒れ模様。

 
 夫婦岩。


 名物、野根饅頭を手に入れた。昨夜、同じ宿だった人も3人ほど、同じカフェで雨宿りしていたので、饅頭を分けて食べた。やわらかくて、上品な味。
 雨でボトボトになった服のままカフェに入ったので、お店の床を濡らしてしまった。
 笑顔で許してくれた店員さん、ありがとう。

 
 お大師様! 雨はつらいです!


 室戸岬に到着。


 ひっさしぶりに札所に到着! 24番、最御崎寺(ほつみさきじ)。


 歓喜天(ガネーシャ)のお堂。

 2人組のおじさまと出会う。一人がバッグを置き忘れた、と、慌ててたので、「大変ですね~」みたいな話から、なんとなく会話が始まった。
「一人で周ってるんか? 偉いなー、うちの息子の嫁にしたいぐらいや」と言ってもらえた! よかったら、釣書を送りますけどって言いそうになったけど、ぐっとこらえた。
 私は、おっちゃんが思っているほど、いい人じゃないんだよ。期待にこたえられるような良い嫁になる自信がないので、遠慮しておきます。うっかり縁談がまとまるところだった!
 おっちゃんらは、定年退職したんだけど、元の職場で同僚だったんだって。一人は、イラクに赴任したこともあるらしい。世間話をしていたら、「良かったら、次の寺まで車に乗せてあげるけど?」と。
 車に乗せてくださるというお申し出は、いつもは、なるべく断るようにしている。修行の一環として、なるたけ、自分の足で歩いたほうがいいと思うから。私は足を露骨に引きずって歩いているので、しょっちゅう、どなたかが声をかけてくださるのだ。
 でも、今日は、おっちゃんたちと話をしたい気分だったし、ありがたく乗せていただく。


 おっちゃんらの車で、わいわい話をしながら、25番、津照寺(しんしょうじ)へ。
 写真に背中が写っている二人が、そのおっちゃんたち。


 雨はやんだけど、風は強い。海は大荒れ。
 道の駅っぽい施設で、おっちゃんたちがご飯を奢ってくれるって言ってくれたんだけど、行ってみたら、定休日だった。
 私は、あと1つ、おっちゃんたちは、あと2つの札所をまわる予定なので、ご飯は後回しで急がないと、時間的にやばい。


 26番、金剛頂寺。


 山門に、巨大なわらじが置いてあるお寺をよく見かけるけど、どういう意味があるのだろうか。

 私は泊まらなかったけど、ここの宿坊の夕飯は、とっても豪華らしいよ! すごい量が出てくるらしい。
 外国人の男性が宿坊の場所がわからなくて困っていたので、案内してさしあげた。


 結局、26番までの2つの寺まで車に乗せてもらったうえ、宿まで送っていただいた。
 26番への参拝は、けっこうな山登りを必要とするので、送ってもらえて助かった。私の足で歩いたら、納経時間に間に合わなかった可能性が高い。


 雨の中、一人で歩いていたときに、いろんな人から声を掛けていただき、お接待をいただいた。ありがとうございます!


 夕飯。宿の方から、お接待で日本酒を奢ってもらえるとのお申し出があったが、あまり飲めない体質やし、修行中の身であるので辞退させていただいた。
 宿でアルバイトをしている大学生の女の子と一緒に食事。
 すごい可愛い眼鏡女子だったよ! 長野から来てる。バスとか電車も使いながら、お遍路をしていたけど、途中で金欠になり、アルバイトさせてもらってるんだって。24日には長野に帰らないといけないから、今回は、あと2~3の札所をまわったら帰るらしい。


 ↑今、ここ。

お遍路体験記 13日目 2017年3月20日

 朝から、再び歩き出す。

 例の、山形県のKさんのことだけど、食事を断って以来、LINEの文面が、急に冷たくなった。
 私は、せっかく出会った縁だし、お遍路が終わってからも、友達になれたらいいな、って思ってたんだけど、向こうは、ただのナンパで、この旅の間にうまくいかなかったら切り捨てでいいと思っているのかもね。それか、私の断り方がまずくて、傷つけてしまったか。

 お遍路をする目的は、人それぞれだと思うけど、修行だと覚悟して来ている私の気持ちも理解してほしかったな。残念だ。 


 津波避難用のタワーを、しょっちゅう見かける。海から離れた場所に住んでいる私には珍しい。


 夕方、宿に到着。着くのが一番遅かったみたいで、洗濯機を使わせてもらう順番が最後になった。納め札を書きながら、夜まで洗濯機の順番待ち。

お遍路体験記 12日目 2017年3月19日

 今日は、移動なし。
 のんびり海を見ながら、仕事。

 食料が足りなかった。ホテルが備蓄しているカップ麺を分けてもらった。
 2日前の豪華な食事と比べて差が激しいけど、今日は空腹を満たされれば何でもいい。

 移動しながら、仕事ができるのって、ありがたいわ~。
 くたくたに疲れているときにパソコンに向かうのは正直きついときもあるけど、会社勤めだったら得られない自由度だよね。

お遍路体験記 11日目 2017年3月18日

 宿のご主人に、海に上がる日の出が美しいと聞いて、早朝、浜辺に見にいった。
 薄暗い中、ぼーっと待っていたら、浜辺をジョギング中の地元の人が、「もうすぐ日が昇るよ」と教えてくれた。


 わぁー。


 きれいー。なんという贅沢!


 朝ご飯。


 食後に、奥さんのお手製のクレームブリュレをいただいた。
 手の込んだお料理に感激。朝からデザートが食べられるなんて。

 ご主人と奥さんに見送られながら、宿を出る。


 道端の休憩所で、オロナミンCをいただいた。


 今、↑このへん。しばらく、海沿いの道が続くよ。
 歩き始めた最初の数日は、札所が密集していて、1日に何度もお参りしたけど、このへんは、札所が、まばら。3日歩いてやっと札所が1カ所だけってことも。
 とにかく、ひたすら歩く。海を左手に見ながら歩いていればいいので、道に迷う心配はない。
 
 地元の人が、しょちゅう声を掛けてくださる。「偉いねー」って。
 歩いているだけで褒めてもらえる不思議。事故上人欲求が強い人には、たまらないだろうね。


 高知に突入。


 今夜と明日の夜と、2泊する予定の宿。ビーチから目と鼻の先で、サーファーが多い。
 予約時に確認したんだけど、サーフィンのオフシーズンで食堂が開いておらず、徒歩圏内に食べ物を売っている店もない、とのこと。それでもいいなら、泊まってくれてもいいけど、どうする?って聞かれた。お湯は提供してくれるらしい。
 コンビニで食料品を買い込んだので、まあ、なんとかなろだろう。


 チェックインの手続きを済ませ、部屋に荷物を置いてから、海へ。ノートパソコンを膝に載せて、海を見ながら仕事。


 だいぶ歩いたよね。

お遍路体験記 10日目 2017年3月17日


 朝のお勤めに参加。

 足がもう駄目。マメと炎症。あと、内出血で、爪の中が真っ赤。石段がきつい。手摺りを頼りに、よぼよぼと上る。足の悪いお年寄りの気持ちがよくわかる。

 朝から皆で般若心経を唱えると、気分が良い。
 
 最後に、順番に立ってお焼香をする時間があった。足が不自由で、急に立ち上がれない。焦って、隣のおっちゃんに、「私はゆっくりしか立ち上がれませんので、先にお焼香なさってください」ってお願いした。おっちゃんは、先に行かず、私の腕を持って、立たせてくれた。
「ゆっくり。ゆっくりでいいから」って。
 足のことだけじゃなくて、生き方について指南してもらったみたいで、感動した。ちょっと泣いた。


 お勤めの後、宿坊の食堂で、朝ご飯。

 朝ご飯の後、先日から親切にしてもらった2人組のおっちゃんに挨拶して、すぐに出発した。

 ちょっと山のほうに入った。一部、スマホがつながらない地域も。AUは、ほとんどつながるんだけどね、数日に一度、何時間かは、つながらない場所を通る。


 意識高い系のカフェで、ランチ。


 海が見えてきた! 感動!


 海ーーー!!!


 本日の宿。
 あまりにもヨボヨボな歩き方なので、ご主人に心配された。
「うちの前を、あなたみたいに足を引きずって歩いている人、よく見かけますよ」とのこと。この辺まで歩くと、足を壊す人が多いんだろうなあ。

 他の人に話を聞くと、皆、お遍路に来る前に、ちゃんと鍛えてはるの。1日1時間は必ず歩く、とか。
 私は、普段は丸っ切り運動しないからなあ。鍛えてから来ることにしたら、いつまで経っても来られそうにないから、とりあえず旅立って、お遍路で歩いていく中で少しずつ鍛えていく予定だったんだけど……ねえ……。


 ここの宿のご飯は、めっちゃ美味しかった!
「こんなに美味しいものは、初めて食べました!」って言ったら、他のお客も含めて、皆に笑われた。日ごろ、美味しいものを食べていない、かわいそうな人みたいに思われたかも。でも、それぐらいおいしいと思ったよ。奥さんが、毎日、何時間もかけて、丁寧に作ってはるの。

お遍路体験記 9日目 2017年3月16日

 山形のKさんから、毎日、LINEが来る。友達ができて嬉しい。
 Kさんは、ゆっくり回ってはるから、私よりも50キロぐらい後ろを歩いてはる。
「交通機関を使って、そっちまで行くから、ご飯でも、どう?」って言ってくれたんだけど、断った……。
 Kさんは、ぜんぜん悪くない。しかし、Kさんと私は、お遍路に対する考え方が違うと思う。
 私は、修行だと思っているし、ご飯を食べたり観光したりして楽しみたいとは思っていない。歩くのに必死やし、仕事も持ってきてるから、毎日が闘い。
「少しでも進みたいので……。また、山形に遊びに行くかもしれないし、山形で会いませんか?」って返事をした。

 今日は33キロ歩かなあかん日。
 バスに乗るか迷ったけど、やっぱり、歩く!
 宿での朝ご飯は断った。コンビニで買うことにする。日の出を待ち、5時半に宿を出る。


 22番、平等寺。足が痛いから、階段はやめて……。


 自動販売機で飲み物を買い、ベンチで休憩していたら、近所の方から蜜柑をどっさりいただいた。「水代わりにして」って。ありがたく頂戴する。


 蜜柑を食べながら歩く。道端の休憩所。23番、薬王寺まで、あと11キロ。


 休憩所の感想ノート。
「2017.2.14
 巷はバレンタインで、私の友達も、きゃあきゃあ騒いでいるのかなーと1人(いや、お大師様と2人か)チョコを食べて休ませていただいています。高1、16才。少々心細い思いもしましたが、お大師様や仏様のおかげもあり、こうして歩かせていただいています。今日は薬王寺まで、頑張ります! 東京都 I.T」


 ついに、薬王寺到着!


 着いたのは、16時半。納経所の閉まる30分前。慌ただしいので、お参りは明日にすると決めた。
 昨日の宿で一緒だった2人組のおっちゃんと鉢合わせ。
「その足でよう歩いたな! 偉い偉い!」と褒めてもらった。ちょっと泣きそう。
 おっちゃんたちは、海沿いの道を歩いてきたらしい。いい景色だった、って。
 私は、ひたすら内陸の道を歩いた。内陸の道のほうがちょっと短いから。歩いている途中で、地元の人にも、内陸の道のほうが断然近いって教えてもらったの。


 薬王寺さんの宿坊。温泉もあるよ。足をゆっくり休めよう。
 おっちゃんたちも、今夜は、ここの宿坊。


 味のある部屋。旅情たっぷりでしょ?


 夕飯。おっちゃんたちに、お接待でもらった蜜柑をお裾分けした。

お遍路体験記 8日目 2017年3月15日

 今朝9時が締め切りの仕事が終わらないまま、朝方に眠ってしまった。
 6時に起きて、大慌て! パソコンに向かう。
 チェックアウト時間が9時ということで、8時40分ぐらいに、9時までに出ろと勧告された。
 激ヤバ!
 8時50分まで仕事をして、大急ぎで着替えて荷物を詰めて、チェックアウト。
 宿を出たところにあったベンチでパソコンを開いて、8時59分にタスクを送信! 危ねー!!
 なんという、落ち着きのない生活!
 宿泊客(全員がお遍路)は、皆、朝早くから次の札所へ向かっているはずだ。
 私も6時までに出るはずだったんやけど……わーん。
 ぐずっていても仕方がないので、歩き始める。
 かなり本格的な登山。フラフラになりながら歩く。


 20番、鶴林寺。


 風情のある、いいお寺だった。両端に立っている鶴が素敵!
 納経所で、お遍路衣装の上衣の背中に、鶴の御朱印を押してもらっている人も見かけた。
 ここで鶴、39番の延光寺で亀を押してもらうと、イケてるらしい。

 次の札所に向かって歩く。ここがまた、急な坂道がずっと続く。
 先日
 何回か転んだ。転んだところで、立ち上がるのが面倒臭くなったので、そのまま地べたに座り込んで休憩。2人組のおっちゃんに「そんなところで休憩してるんか、わっはっは」と豪快に笑われた。


 21番、太龍寺に着いたのが15時過ぎ。

 今晩のために予約していた宿は、22番の近く。21番から12キロぐらい。けっこう険しい山道の下り坂。私の歩く速度は平地でも時速3キロ……。
 宿に電話して、キャンセルさせてもらった。
 と、いう訳で、代わりの宿を探さなあかんくなった。
 太龍寺にはロープウエイが通っていて、ロープウエイを降りたところに宿があった。
 当日予約は難しいかな~っと心配したけど、なんとか部屋を確保できた。良かったー!


 ロープウエイに乗る。乗り物は駄目なルールなんだけど、ロープウエイの降車駅付近に着く歩きルートが地図に載っていなかったので、遭難しそうやから、乗ることにした。軽く落ち込む。
 ロープウエイの中で落ち込んでいたら、地元のおっちゃんが声を掛けてくれて、「あんた、学生か。若いのに偉いな」と2000円のお駄賃をいただいた。学生の2倍の長さを生きているけど、そこは黙っておいた。


 本日の宿、「道の宿 そわか」さん。当日予約にも拘らず、快く泊めてくださってありがとうございますー!!


 ロビーに、テテのライブのポスターが張ってあった。テテは四国まで来てるんやなぁ。
 テテには、一時期、めっちゃハマってた。セネガル系フランス人の歌手なの。
 ここ2年ぐらいで音楽の方向性が変わってきたので、ちょっと合わなくなってしまったけれど、いい声だよ。

 ↓代表曲。


 ロビーにて。

 明日、どうしよう。
 今日は22番の平等寺の傍まで歩く予定やったから、明日の宿は、23番、薬王寺の宿坊を取ってある。23番まで、33キロ。健脚な人なら歩けるんやろうけど、私のこれまでのペースだと、かなり無理がある。時速3キロやったら、11時間かかる計算。歩けるやろうか。
 ロビーで、一応、朝イチに出るバスの時間を聞いておく。22番の平等寺までは、バスを2つ乗り継いで行ける。でも、できれば乗り物は使いたくない。さっきロープウエイに乗っておきながら、言うのもなんだけど。


 部屋。シンプルで清潔。


 夕食。太龍寺で、笑いながら去っていった2人のおっちゃんと再会。おっちゃんはロープウエイを使わずに下山したらしい。地図には載ってないけど、降りられる道があるのね! 私もその道を歩けばよかった、と、ちょっと後悔。迷うような道ではないけど、坂が急で足に負担はありそうなんだって。だから、あなたの足だったら、ロープウエイに乗ったほうが正解だったかもよ、と慰めの言葉をいただく。
 2人は、旧来の友達なんだって。2人のうち、1人は北海道からの初参加らしい。
 友達同士で歩けるのって、いいなぁ。楽しそうで羨ましい。私の場合は、歩くのが遅いから気を使うので、一人でマイペースで歩けるほうがいいんだけどね。でも、気の合う友達がいるっていいなぁー。


 食堂の床をウロウロしている、宿の飼い犬。


 井戸寺で別れた山形のKさんが、LINEで写真を送ってくれた。
 勝浦のビッグひな祭りに寄るなら、写真を撮ってって頼んでおいたので。
 わぁ~、人形、めっちゃおる! 山盛りやんか! スケールがデカい!