お遍路体験記 35日目 2017年4月11日


 道の駅にて。たい焼きっぽいオブジェ。


 たい焼きオブジェを眺めながら、ちらし寿司とみかんジュースの朝ご飯。


 41番、龍光寺。お寺なのに、鳥居が立っているという混ぜ混ぜ感が好き。


 30番ぐらいから、ときどき会う70歳のおっちゃんと再会。
 偶然にも、おっちゃんは、私と同じ日にお遍路をスタートしたんだって。つまり、私は70代の方と歩くペースが同じだという……。
「あなたはもうリタイアして帰ったかと思った。だって、歩き始めて数日のころから、かなり足が痛そうだったから」と、おっちゃんに言われた。「根性あるなぁ」と。
 お札の代わりに折り鶴を納めて回っているんだって。私にも1羽くださった。
 目指す場所が一緒なので、なんとなく、おっちゃんと一緒に歩くことになった。


 42番、仏木寺(ぶつもくじ)。


 雨が降ってきたので、お寺の近くの休憩所で一服。おっちゃんに、みかんとおにぎりをいただいた。
 おっちゃんとは、ここでお別れすることに。
 私は歩くのが遅いから、次のお寺へ行くのに納経時間に間に合わなくなると悪いので、先に行ってくれるよう頼んだ。私は、お寺の近くに宿を取ってあるから、次の寺に間に合わなければ、翌朝にお参りするつもりでいるのだ。

 おっちゃんが先に出た。縁があれば、また会うだろう。
 しばらく休憩所でぐずぐずしてから、意を決して歩き出した。
 1時間ほど歩いたところで、前方に見覚えのある人の姿を発見。おっちゃんだった。
 声を掛けようか掛けまいか悩んでいるうちに、追いついてしまった。私の気配を感じて、おっちゃんは「わっ! びっくりした! ぜんぜん気が付かなかった」と。
 再び2人で歩く。


 休憩所でお接待していただいた。このシーズンだけ、ボランティアでお接待活動をされている、とのこと。ありがたく頂戴する。

 休憩所を去り、再び歩き出す。
 16時半。納経時間まであと30分。地図で確認すると、間に合うか間に合わないか微妙なところ。
 おっちゃんに、先に行ってもらうことにした。私は明日の朝、ゆっくりお参りすることに決めた。


 ビジネスホテル着。


 道の駅で買った、いちごとヨーグルトで夕食。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です