お遍路体験記 40日目 2017年4月16日


 朝ご飯をたっぷり食べて出発。

 しばらく歩いていたら、背後から足音が。
 振り返りと、数日前に一緒に歩いた70代のおっちゃんがいた。
「どう? びっくりした? この前、後ろからつけられてビックリしたから、今回はこっちが驚かせようと思って。1キロぐらい前から黙ってついてきた」
 ええー?
 確かにこの前、後ろから追いついて驚かせたけれども、わざと尾行したわけじゃない。1キロもつけられていたと思うと、ちょっと怖いねんけど。
 嫌だなぁと思いつつ、歩く方向が一緒なので、同行することに。
 おっちゃんは、次の札所、46番、浄瑠璃寺の近くで泊まる予定らしい。近くの道後温泉で、同窓会があるんだって。お遍路を中断して、2日ほど滞在するらしい。
 私は今日中に、もう48番まで行く予定だから、おっちゃんとは46番でお別れになる。おっちゃんが2日間、道後温泉にいる間も私は先へ行くから、きっとこの先会うことはないだろう。浄瑠璃寺まで我慢。


 地元のボランティアの方にお接待を受けた。


 手作りのお味噌汁がおいしかった~。


 歩いていたら、おっちゃんの携帯電話が鳴った。
 同窓生からの電話だったらしく、歩きながら話し込むおっちゃん。
「今なぁ、彼女の歩いてるところ」と、自慢げに話す。
 ちょっと、私はいつからおっちゃんの彼女になったんや、と、心の中で突っ込む。
 電話が終わった後、同窓生と話したことで勢いがついたらしく、「3月7日という、同じ日にお遍路をスタートして、途中で何度もばったり会ったというのは、きっと運命にちがいない」とか、「70歳のおっちゃんなんか、興味ないよな……ないよな? どう?」とか、やたらしつこく聞いてくる。
 年齢の問題じゃなくて、お遍路という修行中の身でありながら、口説いてくる心構えがあかん。
 はっきり言ったほうがよかったのかもしれないけど、次の札所まで歩いたら、二度と会うこともないし、無暗に傷付ける必要もないと判断。
 同窓会で、「彼女ができた」とか自慢されるのは、ちょっと嫌やけどね。
 早く別れたくて、速足で歩いていたら、足先を指にぶつけて爪が剥がれた。


 46番、浄瑠璃寺。お遍路で賑わっていた。
 お参りをした後、おっちゃんと別れた。


 47番、八坂寺。


 右に極楽の絵、左に地獄の絵が描かれている。


 48番、西林寺(さいりんじ)。


 たかのこのホテル。
 インターネットで予約したけど、温泉もあって、いいホテルだった。民宿よりは、ちょっと高いけど、奮発しただけあった。連泊したい。
 3日ほど前に出会ったお遍路の方に再会した。話し相手がほしそうにしていたし、私もお話したかったけど、なんせ仕事に追われているもので……。
 後になって、愛想がなくて悪かったなぁと、後悔する。


 パソコン仕事をしながら、ディナーブッフェ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です