お遍路体験記 41日目 2017年4月17日

 朝風呂に入っていたら、おばちゃんの5人グループがやってきた。
 タオルをお盆の代わりにして、アキラ100パーセントの物真似で盛り上がりはじめた。しかも、本物のアキラ100パーセントみたいにきっちり隠せているわけではなく、全部見えてるという……。朝からえらいもんを見てもうた。


 朝から雨。
 49番、浄土寺。


 50番、繁多寺。


 51番、石手寺(いしてじ)。
 雨が激しくなってきた。
 東大阪からきたご夫婦と知り合う。お2人には二十代のお嬢さんがいるんだって。お嬢さんは結婚しているけど、なかなか子どもができなくて悩んでいた。石手寺さんにお願いしたら子どもができるという噂を聞き付けて、お参りしたところ、なんと双子ができたらしい。
 今日は、東大阪から、双子懐妊のお礼参りに来たのだとか。


 道後温泉の前を通りかかる。私も入りたい。雨に濡れて寒いし。
 しかし、時間がない。渋々、素通り。


 地元の方に、お接待で缶コーヒーをいただく。

 道に迷う。雨なので、紙の地図も開きにくい。
 やばい。時間的に間に合わない。
 車で通りかかった男性が、「次の寺の場所を知っているから、良かったら送ろうか?」と申し出てくださる。
 お言葉に甘えて、乗せていただく。
 が、送り届けてくださった場所は、次にお参りすべき52番ではなく、53番だった。車に乗せてくださった方にお礼を言って、車を出る。52番までダッシュ。


 52番の門。ここから本堂まで、まだまだあった。


 52番、太山寺(たいさんじ)。


 53番、円明寺(えんみょうじ)まで、ダッシュで戻る。納経所の閉まるぎりぎり前に到着。


 
 お寺を出る。
 夕食を買うためにスーパーへ。ロッカーの前で濡れた衣服を拭いていたら、地元の人に話し掛けられた。
 私が大阪から来たことを告げると、「大阪には出張でよく行くけど、大阪の人って冷たいよね」と仰る。
 冷たいわけではないと思うよ。四国みたいにお遍路の文化はないから、初対面の人に話し掛けたりとかはしないけどね。話す切っ掛けが少ないだけで、ハートが冷たいわけではないと説得したが、あまり納得がいかない様子。


 本日の宿。


 布団の中に乾燥機を入れて、温かくしておいてくださった。
 細やかなおもてなしに感謝。


 手作りの甘酒をいただいた。あったまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です