お遍路体験記 46日目 2017年4月22日


 昨日の山登りで足が腫れているけれども、その他の体調はOK。


 61番、香園寺(こうおんじ)。


 なんだか、重厚でかっこいい建物だったよ。
 本尊は建物の2階。


 奥のビルにくっついている、赤い三角形が気になる。
 何のマークだろうね。町を支配している秘密結社のマークみたいじゃない?
 こんなにデカデカとマークを表示している時点で、秘密でも何でもない気もするけれど。


 62番、宝寿寺。
 このお寺は、いろいろとトンガっている。
 まず、納経受付時間が他の札所と違う。1時間、短いの。しかも、お昼休憩もある。
 あと、他のお寺では、納経を済ませると本尊を書いた小さな絵をいただけるのだが、ここでは有料。他の札所と足並みをそろえてほしいと裁判まで起こされたみたいだけど、このお寺の言い分が通り、裁判に勝ってしまった。
 このお寺にも言い分はあるのだろう。だけど、お遍路させてもらう側としては、他に合わせてもらえるとありがたい。納経時間が短いのを知らなくて、間に合わなかったら、次の日の旅程を大幅に変更しないといけなくなるから。


 63番、吉祥寺。
 私、ここのお寺が好き! 象の石像とかがあって、なんともインドっぽい!


 成就石。


 目を閉じて、穴の中にお杖の先を入れることができたら、願いが叶うらしい。
 やり方がいまいちわからなかったので、納経所で「石に向かって、お杖を投げたらいいんでしょうか」と質問したら、「お杖はお大師様の代わりだから、投げたりしたらいけませんよ」と優しく諭された。ごもっともです……。
 どうやら、スイカ割りみたいに、目を閉じながら、杖を前に付き出して前進するものらしい。


 64番、前神寺(まえがみじ)。


 たまたま御開帳の時期だった。見たかったけど、先を急ぐしお金もかかるので、迷った末にやめた。


 道を歩いていたら、蜜柑とハンドタオルをいただいた。
 私が歩いているところを車で通り過ぎたので、蜜柑を持って、家の前で待っていてくれたんだって。


 本日の宿。ビジネスホテル。


 道端で立ち話をしていた女性に、いただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です