仕事の合間に、こんにちは

 仕事が一段落ついたところ。休憩中です。
 在宅で、ぼちぼち暮らせています。

 安定した長期のお仕事以外に、あと半年ぐらい続く入力の仕事を請け負っているよ。
 出来高制で、大体、時給1000円ぐらいもらってるよ。
 外で働いたほうが稼げるのは、わかってる。でも、外の世界は刺激が強すぎて、苛々してドカ食いしたり、衝動買いに奔ったりするから、私の場合は在宅のほうが合ってるねん。

 たまに、寂しいけどね。

 実家が、えらいことになってる……。一家離散の予感。
 私自身も、親と縁を切るべきか、付かず離れずの関係を続けるかで迷ってるよ。
 この年になって、年老いた親と喧嘩する私って……。
 どっちにしろ、良好な親子関係を結ぶのは無理や。本当は、親孝行したかった。非常に残念。

 友達がほしい。
 基本的には独りが好きやけど、深く話せる友達がほしいなぁ~~。
 できたら、週に一回ぐらい、喫茶店でモーニングを食べながら、タラタラとお喋りできる友達がいい。
 友達作りについて、前向きに努力はしているんだけどね。

 スポーツジムにも、小説教室にも通っているのに、友達ができない。
 しょーがないので、スポーツジムで自転車を漕ぎながら、テッド・バンディの伝記を読んでいるヨ。
 小説教室の飲み会も、気後れして、行けないダメっぷり。

 隔週で通っている小説教室以外に、小説通信講座も受講している。
 毎日、書けた分を提出したら、24時間以内に、返信がある。
 小説教室の先生には、強力な心の支えになってもらっているよ。私的な話はしないし、文章に対して厳しいけど、毎日休まず、誠実に返信してくださるので、信頼しているの。
 先生からしたら、数多くいる生徒のうちの一人なんだけどね。

 通信講座で指導を受けながら、原稿用紙500枚の前作を書き上げた後で、東京まで先生に挨拶に行ってきた。
 私一人の力では、とても500枚の長編を書き上げられない。直接にお会いして、一言、お礼を申し上げよう、と。
 先生が東京で開いている、カルチャーセンターでの小説教室にお邪魔した。
 
 張り切って行ってきた訳だけど、先生は、私の名前すら、覚えていらっしゃらなかった。似たような名前の生徒が多くて……とのこと。
 名前も覚えてもらえていないことについて、がっかりはしていない。むしろ、気が楽になった。こっちは、自分のことで一生懸命になっているけど、他人からしたら、取るに足りないことなんだな~と、改めて思った。
 東京では、他の生徒さんと仲良くなった。
 カルチャーセンターでの講座は、隔週1回なんだけど、鹿児島から東京まで通っている猛者がいた! なんという意欲! その鹿児島の人とは、ときどきLINEで遣り取りしてるよ。

 じゃあ、そろそろ仕事に戻りまーす。

 またね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です