東京からの見学者

 東京から、知人が小説教室に見学に来ました。

 お土産に、おとぼけ豆をいただきました。

 学校帰りに、見学に来た知人と、教室に通っている別の生徒と私の3人で、スタバで軽くお茶をしました。

 知人は来期から、教室に通うか、迷っています。

 東京から新幹線での通学は、金銭的にも体力的にも時間的にも大変ですよね。
 今の生徒さんで、長崎から通っている人もいるよ。遠方からの人は、月二回のレッスンをすべて受けるのは難しいから、休み休みで来ています。
 東京からの生徒さんもいる。千葉からも。
 みんなのガッツと向上心は、尊敬する。遠方からでも「来たい」と思わせる、先生の人気もすごい。
 教室に通っていると、一流の先生に見てもらえている安心感は、あるよ。安心感に甘えずに、自分に厳しく文章に向き合っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です