第9回公判(判決日)

 12月19日。
 通い続けた公判の、判決日です。
 傍聴券を得るための列に並ばねばなりません。列は屋外に作られます。寒空の下、長時間に亘り並ぶのは、風邪気味の私には堪(こた)えます。
 並ぶ時間が少なく済むように、抽選時間のギリギリに出掛けました。
 いつもは地裁を訪ねる前に、太融寺に寄っていました。阪急梅田駅から地裁へ向かう途中にある、大きなお寺です。大師堂で般若心経を読んで、気合いの入ったところで抽選に挑む訳です。
 が、今回は、ギリギリに出掛けたため、お寺に寄る時間がありません。地裁に直進します。
 抽選場所に駆け足で到着すると、人集(ひとだか)りができていました。優に500人は超えていそうです。(あとで報道を確認すると、559人でした)
 傍聴席は、48席。競争率11倍です。
 まあ、当たらんやろうなぁ、と。
 気負わずに抽選結果を待った結果――なぜか、当たり。
 素直に喜ぶべきなのでしょうか。当選が、善いことなのか、悪いことなのか、わかりません。判決を聞けば、きっと気分が重くなる訳で。自宅での仕事も山積みなのに、傍聴のためには、待機時間も含めて何時間も拘束されます。今日は太融寺のお参りもできていないので、当選は逆に不運な結果である気もします。
 いつも傍聴に来ていたJKの姿を捜しました。彼女こそ、判決を見届けるべき人です。姿を見つけられたら、傍聴券を譲ってもいいな、と思ったのです。
 が、見当たりませんでした。
 ここは腹を括って、判決を聞くしかありません。
 15時開始予定の裁判は、5分遅れで始まりました。
 主文が後回しにされた時点で、極刑が下されると察せられました。
 判決理由が、約1時間半に亘り読み上げられます。
 要所要所で記者たちがバタバタと出入りするので、騒がしいです。
 被告人が中央の席に座らされ、主文が読み上げられます。
 判決は、やはり、極刑。
 被告人は、取り乱すでもなく、外から見た限りは落ち着いた様子で判決を聞いていました。
 裁判が終わり、被告が法廷を出るまで見守りました。
 おそらく控訴するでしょうが、私は高裁・最高裁まで追うつもりはありません。被告人の姿を見るのは、これで最後でしょう。
 トボトボと歩きながら、地裁を後にしました。判決まで見届けられた報告とお礼で太融寺にお参りしました。 
 

今日は後ろ向き……

 ちょっとお久しぶりです。
 ここ数日、体調を崩しています。仕事を半分にして、なるべく身体を休めるようにしています。ただの風邪なので、心配しないでね。

 この夏に、いろいろなストレスがあり、肩と背中に湿疹ができました。いまだに皮膚科に通っています。露出の少ない冬だから、まだ良かったです。

 彼氏とは、月1回のペースで会っています。
 赤裸々な話で恐縮ですが、肌が酷い状態なので、脱げません。夏からずっと、我慢してもらっています。
 彼氏は「ご飯だけでいいよ」と言ってくれますが、彼女の務めを果たせていない状況が申し訳ないです。早く治さなきゃ、と気持ちだけが逸り、余計にストレスが掛かります。治るまで会いたくない気持ちです。

 おそらく、執筆もストレスになっていると思います。楽しむために書いているはずなのに、本末転倒です。

 今日も、夕方から寝ていました。母から電話がかかってくる悪夢で目が覚める有り様。