手紙を書く休日

4連休の1日目は、手紙を書いて過ごした。

封筒は、普段使っているライダー・ウェイト版のタロットカードをカラーコピーしてアレンジ。

大アルカナの第17番「星」は、浄化を意味するカード。転じて、わだかまりや誤解が解けるという意味がある。

あれやこれやと考えているうちに長文になり、便箋8枚にもなった。ペンを握る手も痛いし疲れたけど、大切な人のことを考えて過ごす贅沢な時間だった。

私は人生において、人との繋がりを一番大切に考えている。好きな人には長く傍にいてもらって、少しずつ絆を深めていきたい想いが強い。

理解者でいてほしいけど、理解してもらえるかは相手次第。私は精一杯、自分の想いを伝えるしかできない。一生懸命に伝えて、駄目だったらそれはそれで諦める。何も伝えないよりは、伝えたほうがいい。伝えたことで、余計に誤解を生むという失敗も想定できるけれども、その時はその時で悩むしかない。

私にとって人を愛するということは、その人のことで真剣に悩むことを意味する。

受け取ってもらえるといいけど、それもわからない。

当日は、渡す勇気が出ますように。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク