残念なお知らせです

 みなさん、おはようございます。
 寒くなりましたねぇ~。
 夏場の熱気を保存しておいて、冬の室内に放出できたらいいのに。それか、地球を丸ごとケースの中に入れて、世界規模の空調コントロールとか。と、小学生のようにデカいだけで現実味のない発想が次々と浮かぶぐらい寒いです。

 現在、午前5時40分。7時になったら近所のミスドが開店するので、コーヒーを飲みにいく予定。それまでの時間をこのブログと小説教室への提出原稿の執筆に充てます。

 昨年の12月末に会社を辞めたときに、「1年間でなんとか結果を出したい」と意気込んだ訳ですが、公募にことごとく落選しました。応募した公募の中に今年中に結果の出るものがなくなり、敗北が確定しました。

 1年やっても無理やったし、そろそろ人生を考え直さなければなりません。

 執筆をやめようかなぁ、とも思ったのですが、やめたところで他にやりたいこともないですし、生活のために働きながら余暇で執筆を少しずつ進める形に戻りそうです。

 私は会社勤めが向いていないので、できれば在宅でできる仕事(さらに欲を言えば、海外に移っても大丈夫な仕事)を見つけられたらいいなぁ、と思っています。

 とはいえ、仕事のゲットに向けて積極的に動く気持ちになれなくて、YouTubeで子犬のトリミング動画をぼんやりと観ながら過ごす日々です。友人からの食事の誘いにも乗れず、家でどーーんと沈んでいます。

「駄目でした」と応援してくれた人たちに報告するのがつらかったけど、ひととおり終わりました。

 無職と言いながらも、ありがたいことに以前に仕事をさせていただいていた会社から声を掛けてもらえたので、実は10月末からぼちぼち自宅で働いています。IT関連の翻訳の仕事です。ギリギリ生活できるぐらいの報酬で、しかも1月中には終了になる予定。それでも、すぐには生活に困らないので、本当に助かります。まだ貯金も尽きていないし、大丈夫。でも、いつまでも同じ生活を続けられないので、不本意ながら、次に向かって動かなければなりません。

 12月6日締め切りで、小説教室に提出する原稿があります。とりあえずそれを書いてしまってから、今の仕事がなくなるまでに次が見つかったらいいなぁ、と思っています。12月中は、仕事探しに忙しくなりそうです。

 インド占星術の先生に、12月アタマには、3年にわたるインド占星術的な厄年から「やっと」抜けられる、との鑑定を受けています。それを信じる! 11月中に動き出すよりも、12月を過ぎてからのほうがいいと思うんですよね。

 本当は皆さんに明るいご報告がしたかったので、とても残念です。落ち込んでいることは落ち込んでいますが、にっちもさっちもいかない状況ではないですし、私は大丈夫です。今までの人生を振り返ると、25歳のときが最悪。もう私は生きる力がないのでは、と感じていました。でも実際は生きられました。10年後の35歳のときにも無職になって、新しい仕事が見つかって強く生きられるのか不安でしかたがなかった。でも、やっぱりなんとかなりました。なので、さらに10年後の45歳になった今も、なんとかできる自信があります。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク