今年一番の不謹慎イベント

 ※今回の記事は、かなり不謹慎な内容を含みます。苦手な方はスキップをおすすめします。

 先日、新しい仕事を増やすための試験を受けたのですが、2回目で合格しました。

 ただし合格しても仕事をする時間がなく、まだ契約手続きすらできていないありさまです。とりあえずお金がほしいので、仕事はさせていただくつもりではいます。どうなることやら。

 忙しすぎて弱ってきたので、すべての仕事を放置して大阪の日本橋に遊びにいってきました。

 ↓道頓堀のかに道楽前。カニ、たしか昨年に壊れて動かなくなっていましたよね? どうやら直ったようです。

 何度も足を運んでいるロフトプラスワンウエストに来ました。トークイベント会場です。

 ところで梅田にも「梅田ラテラル」というトークイベント会場ができたらしいです。私の住んでいる場所からは梅田のほうが近いので行ってみたいのですが、今のところ好みのイベントが開催されません。それでつい、またしてもロフトプラスワンウエストにお邪魔することに。

↓本日のイベント

 自分のことを差し置いて言いますが、こういうマニアックなイベントに参加する人の中には危ない人も含まれているのでは? 絡まれたらどうしようかと緊張しました。

 会場に行くために狭いエレベーターに一人で乗ったところで、背の高い男性が走り込んできました。「ああ、間に合った。よかった。すみませんねえ」と気さくに話しかけてきて、ちょっと怖かったです。「しまった、○される」と。

 出演者のニポポさんが好きなんです。宗教関連や怪しい組織のライターをしたり、カメラマンをしたりとフリーで働いていらっしゃいます。差し押さえ物件に行って間取りをチェックする仕事も。あと、昔は「探偵ファイル」の探偵だったこともあるようです。そうそう、本業はミュージシャンと名乗っておいでです。ミュージックステーションにも2回出たことがあります。とにかく人生経験の多さが半端ない。だから話がおもしろいんですよね。

 ↑左から、ロフトプラスワンウエストの店長、ニポポさん、尾崎テロルさん。
 スクリーンに映っているのはアイリーン・ウォーノス。 

 ↑Tシャツにプリントされた四人の犯人。一目見ただけで「あっ、この人たちは宗教絡みですね」と反応していた尾崎テロルさんも何気にすごいです。

 私もそれなりに「こっち系」の犯罪者については詳しいつもりでいますが、左下の人が誰だかわかりません。どなたかご存じの方、ぜひとも教えてください。

 ↓シンクロする笑顔。

 サミュエル・リトルの話が興味深かったです。
 リトルはアメリカで90人以上を○した犯人ですが、それぞれの被害者の特徴をよく覚えており、獄中で似顔絵を描いて残しているそうです。

 ニポポさんが1カ月間もあの佐川○○さんの自宅に通ってインタビューを続けた体験談には驚きました。そんな体験をしているなんて、ちっとも知りませんでした。いくらでもネタを持っている人です。

 佐川さんをご存じですか? 気分を悪くする人がいるかもしれませんので詳細は書きませんが、カニバリズムの代名詞のような人物。自宅は、某アイドルの写真でいっぱいだそうです。佐川さんから「〇〇(アイドルの名前)は食材にしか見えない」との発言もあったとか。○○さん、逃げて~~。

 なかなか深い話が聴けました。世の中には、私の知らないことがまだまだあります。

 ニポポさんは来月にもイベントを開くそうなので、興味のある内容であれば、ぜひまたお邪魔したいです。今度はどんな話が飛び出すか、興味は尽きません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク