Presentation about our culture

 会社で週に1回、英語の練習のためのレクリエーション・ミーティングがあります。

 自分たちの国の文化について順番にプレゼンしています。今日は私の番です。

 何をプレゼンしようかずっと考えていたのですが、私の宝物の、小学校1年生の夏休みに書いた絵日記を紹介することに決めました。日本の子供たちの夏休みについて説明してみようか、と。

 もちろん、最近の子供たちと私の子供時代ではだいぶ違うでしょうが。あくまでもレクリエーションなので、そのあたりは特にどうでもいいでしょう。

 せっかくプレゼンスライドを作ったので、ここにも載せておきます。よかったら見てやってください。

『日本の子供の夏休みについて』
いくつかの連休の中で、夏休みが一番長いと説明。
小学校1年生のときの夏休みの絵日記です。
誕生日。姉にリスのぬいぐるみを買ってもらいました。
横にした机に身体を隠して、人形劇を始める私と友達。私はリス役(かってもらったぬいぐるみで)。
プールのページが多いです。暑いので、プールばかり行っていました。
大好きな花火。私、ヘビ玉が一番好きでした。
ヘビ玉って知ってます?
これが我が絵日記の絵の中での一番の傑作。
宝塚ファミリーランドのお化け屋敷。
親友のちーちゃんの家。右上のちーちゃんの家の写真は隠しています(掲載無許可なので)。
ちーちゃんの家は金持ちでした。呉服屋をやっています。
母方の叔父の家(岡山県)に遊びにいったときの思い出です。
— おわり —

カテゴリー: 未分類 パーマリンク