余計なことをしたかもしれない

 Twitterを開いたら、フォロワーさんの1人が「今から川に飛び込む」とツイートしていた。

 その人とまったく交流していない。創作活動をしている人からフォロー申請がきたら、基本的にはフォローバックしている。つながってもぜんぜん交流しない人もけっこういる。

 ○にたい理由は「小説をうまく書けないから」だそうです。

 ほんまにそれが理由? だったら私は毎日○ななあかんやんかっ。

 どうしていいかわからなくて……。交流がないからといって見てみぬふりでいいのかどうか……。

「1時間半後に家を出て○ぬ」と書いてあるので、緊急性があると判断して110番に電話。

 110番の係員に「ここは緊急の通報しか受け付けられないので、所轄の警察に問い合わせてください」とのこと。相手が住んでいる場所がわからないのに、私の住んでいる地域の警察に電話でいいんやろうか。

 所轄警察署に電話。

 事情を話したけど、電話担当者も「うーん、うちでも対応は難しいけど」と、消極的な姿勢。いちおう受け付けてはくれた。通報者として私の連絡先も訊かれた。

 今、Twitterを見てきたけど、今のところまだ生きている。

  警察ならTwitterのアカウントから個人情報が割り出せるのか、私は知らない。今の私にできることは通報ぐらいしかないと考えた結果だけど、正しい判断かはわからない。命が助かる可能性があるなら……と思ったんだけど、どうかなぁ。

 助かったときに逆恨みされたうえに、警察がうっかり私の個人情報を漏らしたら嫌やなぁ、と警察との電話を切ってから不安になり始めた。警察が個人情報を守ってくれると信じたい。

 とりあえず、命が救われるといいけど。

 本当に○にたいならツイートせずに黙って〇ぬやろうし、心の底では誰かに止めてほしいんやろうなぁ。引き続き見守っていく。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク