大阪地裁傍聴記 生野区の殺人事件 ④ 2020年6月15日 1日目

(前回の記事の続き)

・2020年3月10日(事件当日)午前
 町河→ユニットバスで歯磨き
 角野は町河に頼まれ、歯磨き粉チューブの蓋を開けてやる
 (手を傷めていたため)
 角野は前夜の町河の「クソガキ」発言にモヤモヤしていた
 →問い質したい
 →キッチン鋏を持ち出す
 →町河のいるユニットバスに移動
 →脅せば、本当のことを話すと思った
 (本当のことを話せば許すつもり)
 →脅すつもりで、背中を刺した
 (殺意の有無については、記憶が曖昧)
 →町河は「ごめんね」と言った気がする(記憶が曖昧)
 →気が付いたら、死んでいた(呼んでも応答なし)
 →血だらけだったので、洗ってあげなければ、と思った
(→服を脱がせる?)
 →体を洗い、シャンプーは2回
 嶋本の声「やっぱりやったか」
 →はめられた、と気付いた
 死のうと思ったが、できなかった

・2020年3月10日(事件当日)午前
 世話になった人たちにTEL→自首すると報告
 嶋本の取り巻きにTEL(関わりのあった証拠を残すため)
 町河の家族にTEL
 大変なことをした、との想い
 警察に通報→自首
 (約20分後)警察到着→緊急逮捕

【弁護人からの質問】
Q:リスペリドンをやめてから、どんな症状が?
A:音に敏感/ご飯が味気ない/
  痩せた(23キロ)/
  ※ただし、もともと100キロぐらいありそうな体格
  幻聴・幻覚の悪化/眠れない/円形脱毛症

Q:リスペリドンの服用の中止について、医師に相談は?
A:やめてから知らせた
  →しばらくやめてみよう、との話になった

Q:町河について思うことは?
A:大切な人だった/嫌いになったことはない
  冥福を祈り、謝罪し続ける
  町河の家族に迷惑を掛けた/申し訳ない
  町河の家族・子供たちの人生を変えてしまった

Q:町河が浮気していたのは妄想では
A:妄想ではない。事実と確信している

(続く)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク