節制 ③

いろいろな種類のタロットで占ってもらった。

OSHO禅タロットも。

OSHO(オショー/日本語の「和尚」に由来)は、インドのグル、バグワン・シュリ・ラジニーシの愛称。OSHO禅タロットは、OSHOが監修したタロットカードだ。ちなみに禅とはまったく関係ない(と私は思う)。こういう、なんとなくノリでカードの名前をつけちゃいましたって感じがカードの監修方針にも表れていて、ウェイト版タロットに酷似した絵柄もあれば、まったくちがう絵柄も入っている。ウェイト版の監修者のウェイトは、オカルト系統の思想からちゃんと理論立ててカードの絵柄を決めているが、OSHO禅タロットではその世界観が壊れている。なのでタロットしては信用できないと私は感じる。OSHOの瞑想法でインスピレーションが湧くタイプの人がOSHO禅タロットに傾倒しても、それはそれで他人を批判する権利は私にはないのだが。

ちなみに私はOSHOの説教は大好きだ。OSHOの説話集を読むとうっとりする。だからOSHO自身を全否定はしない。タロットについては理屈屋のウェイトに信頼を置いている、というだけであって。

占い師の先生がOSHO禅タロットを出してきたときに、「それはOSHO禅タロットですね!」と言いたいところをぐっと我慢した。タロットカードの知識がある客が来たら占いづらいかなぁ~と思いまして。基礎的な解説をしなくていいから楽かもしれないが。

出てきたカードの中で、↓これが印象的だった。

羊の群れの中にライオンが混じっている。
ライオンはライオンであることをバレたくない。羊が逃げてしまうので。
それで羊の皮をかぶって羊になろうとするが、なりきれていない。
ただ、なりきる努力のために群れから追い出されてはいない。

「宏美さんは羊になろうと必死に努力しているけど、周りと合わないのは当然なんですよ。だって羊ではないんだから。すごく我慢しているでしょう?」

「はい。でも私だけでなく、みんなが何かしらの我慢をしていますよね。言わないだけで、みんなが悩みを持っています。だから私が他の人に比べてどれだけ我慢が多いかはわからないです」

「確かに、他人のことはわからないものねえ」

「私も我慢している自覚はあります」

「あると思うわ。これからは無理に合わそうとするのではなくて、同じ種族の人たちをさがしにいけばいい」

私に合う人なんて、この世に存在しないと思う。本当の意味でわかってくれる人がいるはずだと希望を持っていた時期もあったが、いい加減に諦めた。羊の群れは私の居場所ではないし、羊たちだって自分たちだけで暮らしたいにちがいない。群れにいさせてもらうのだから、迷惑をかけないように、本性がバレないように気を使いながら生きるしかない。

カードの中のライオンは不安そうで、ひどく疲れた顔をしている。
きっと私も他人から見たら、こんなふうに見えるんだろうなぁ。

以上、結局何も解決しなかったけれど、現状が把握できた点と、抑え込んでいる感情が少し出てきてガス抜きになった点はよかった。いい先生に当たった。今度占ってもらう機会があったら、カードの勉強をしていると打ち明けて、カードの理論について突っ込んだ話を聴いてみたい気もする。ぶっちゃけOSHO禅タロットをどう思っているのかも教えてもらいたい。(終わり)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

節制 ②

さらには「決めなくていいけど、決めたいならあなたが決めていいわよ。誰かに相談しなくてもいい。あなたには自分で決める力がある」とのこと。Aを選んでもBを選んでも、それなりにうまくやっていけるらしい。

わかっている。なんでもかんでも自分で決められるところがつらいんだよ、私は。

「だから嫌なんです! 私、自分で決めたくないんです」と取り乱して感情的な発言をしてしまった。占い師の先生には申し訳ないことをした。(鑑定のあとに誤っておいた。)

自分の人生に責任を持ちたくないとか、そういうことではない。

たとえば私は今の職場でかなりいい境遇にあると感じている。お給料はそこそこだけど、完全リモートなので人と接するストレスは少ない。仕事にはそれなりに熱意をもって打ち込んでいるし、会社やメンバーたちにある程度は貢献している自負がある。

だけど、もし私が職場を去ることになっても誰も困らない。代わりはいくらでもいる。私のポストを狙っている人からすればやめてもらったほうが助かるわけで、そういう意味では職場から去ることが一番、誰かのためになると思う。

そういう意味で、私はいつも誰にも必要とされていない。どこへ行ってもそう。結局は私がいなくなるのが皆にとって一番良いことだとの結論に至る。

スナフキンだってふらふらと放浪の旅に出ているようでいて実は、ムーミンがいるからこそ自由に旅を続けられている。必ずムーミン谷に帰ってくる。ムーミンは「帰ってきてくれたんだね」と大喜び。スナフキンは「君に会うためだよ」って、ムーミンの目をまっすぐに見て答えるんだよね。

私には、私がいることで喜んでもらえる場所がない。この孤独は10代のころからの悩みで、20代のころに顕著になり、25歳で爆発した。結果、最も大切に思っていた人間関係を失った。それから20年以上が経過したけれど、何の解決も緩解もできていない。どうしたらいいかわからないので考えないようにしているが、こうしてタロット鑑定で問題に直面させられると、本当にやりきれなくなる。

だからといって、鑑定を受けたことに後悔はしていないけれども。ちょっとずつ小爆発を起こしておかないと、また制御不可能な大爆発を起こすおそれがあるから。

(続く)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

節制 ①

 2日前の夕方、私の住む地域が雷の集中攻撃に。30分以内に30回以上は鳴ったと思う。これだけ鳴ったら1回ぐらいは私の頭上に落ちてもおかしくあるまいと焦りながらも、慌てたところでどうしようもないとの諦めの気持ちも。とりあえず落雷における身体ショックを和らげるという「雷しゃがみ」のやり方をネットで調べているうちに、雷雲は去っていきました。

 おはようございます。

 私の仕事はアメリカの祝祭日が休みなので、現在、Thanksgiving(感謝祭)の4連休中。どこか旅行にでも、といろいろ計画してたけど、結局は家で過ごすことに。小説の執筆も進めたいし、読みたい本もたっぷりあるし。

 雷の鳴った2日前の話に戻るけど、昼間は梅田をうろうろしてた。デパートを散策しているうちに、行きつけの占いの館にどうしても訪ねたくなり、我慢ができないので行ってきた。

 初めての先生。
 タロット占い専門とのことで、私が趣味でやってるタロット占いの勉強のためにも鑑定してもらいたくなったので。

 心の中でもやもやしている悩み事を聴いてもらった。
 AにするかBにするか。

 占ってもらった結果、アドバイスカードとして出てきたのが「節制」。

 タロットカードにおける「節制」は、節約するとかそういう意味よりも、調整してバランスを取る意味合いが強い。同じ「せっせい」でも健康に気をつけるという意味の摂生とも違う。

「天使が2つの杯を持っていますね? 中に入った水を混ぜ合わせているんです」と先生。

 つまりは、2つの選択肢を「両方持っておいたほうがいい」と。どちらかを選ぶのではなく、両方を利用してまぜまぜして新しいものを生み出すこと。

 なのでAにするかBにするかではなく、中庸というか、はっきり決めないことをカードはすすめている。

 はっきりさせたいから相談にきた私としては、「はっきりさせないほうがいい」との結論だとすっきりしない。だけどカードがそう出ているのだからしかたがない。

(長くなりそうなので、続きはまた改めて)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

インドネシア人が心配で眠れなかった

 インドネシアで大地震発生。インドネシア人の同僚たちが心配で眠れなくて、徹夜で仕事をしてしまった。

 1人は無事を確認。彼の住んでいる地域は被害が少なかったとのこと。

 もう1人はアメリカに住んでいるので大丈夫。ただしインドネシアに住む家族とはまだ連絡が取れていない模様。早朝なので寝ているだけならいいけど。インフラが壊れている可能性も。

 もう1人は、こちらからグループチャットで声をかけてみたものの、今のところ応答なし。被害の大きかったあたりに住んでいるので余計に心配。

 とにかく無事を祈る。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Come Te Non C’e Nessuno

気が向いたので、お気に入りのカンツォーネ(イタリア語)を訳してみました。
Come Te Non C’e Nessuno(コメ・テ・ノン・チェ・ネッスーノ)は1961年にリリースされたリタ・パヴォーネの曲。ボーイッシュで中性的な魅力。そして圧倒的な歌唱力。
私は自転車で買い物に行くときによく歌っています。

Come te non c’è nessuno
Tu sei l’unico al mondo
Nei tuoi occhi profondi io vedo
Tanta tristezza
あなたみたいな人は他にいない
世界で唯一無二の存在
瞳の奥を見つめると
悲しみでいっぱいなのがわかる

Come te non c’è nessuno
Così timido e solo
E se hai paura del mondo rimani
Accanto a me
あなたみたいな人は他にいない
びくびくしてて、さびしそうで
この世で生きることが不安だったら
私のそばにいればいい

Amore dimmi
Cosa mai posso fare per te?
I pensieri dividi con me
Io ti voglio aiutare, amore amor
ねえ教えて
あなたのために何ができるの?
想いのたけを聞かせてほしい
あなたを救いたいから

Come te non c’è nessuno
E per questo che t’amo
Ed in punta di piedi entrerò
Nei tuoi sogni segreti
あなたみたいな人は他にいない
だから好きなの
あなたの秘密にしている夢の中に
爪先だけでいいから入らせて

Come te non c’è nessuno
Nessuno, Nessuno
あなたみたいな人は他にいない
誰もいない、誰も……

カテゴリー: 未分類 | コメントする

雨やね

 おはようございます。

 この2日ほど、頭痛で寝込んでいました。仕事以外は何もできていない状態。今朝はやっと回復し、6時からオンライン英会話レッスンを受けてきました。フィリピン人のトレーナーは、めっちゃパワフルな女性やった。あっちはまだ5時やで。元気やわぁ~。

 英会話レッスン用のノートは、今日で2冊目に突入しました。4月から始めて、休むときもあるけどだいたい週4~5日ぐらいはレッスンを受けられています。私にしてはよく続いているほうです。

 大阪は朝から雨が降っています。休みなので出歩こうか迷ったけど、雨なのでおとなしく家で過ごします。読書と執筆と掃除。

 Twitterで知り合った方に、純文学の某ビッグタイトルの新人賞で4次選考まで残った作品を製本したものを譲っていただいたので、今日中に読んで感想をお送りできたらなぁ、と思っています。面白いですよ。やっぱ4次まで残る作品はパワーが違います。

 仕事は、ミーティング以外は楽しくやっています。

 やっぱりミーティングには慣れません。特に少人数のグループに分かれて行うワークが苦手。
 先週は、中国人(マカオ在住)の同僚と2人でディスカッションする時間があったのですが、まぁ苦痛! 向こうは英語がペラペラやけど、私はたどたどしいので焦る。反対意見を述べても相手の主張のほうが圧倒的に強いので、結局押し負けてしまう。であれば、私は下手な英語で意見を述べる努力をしなくてもいいのでは? だって私の意見は採用なれないんだし、と思い始め、OK! I totally agree with you!(全面的にあなたが正しいです)と適当に答えて過ごす時間でした。そして結局、皆で答え合わせをしたときに、私の意見のほうが実は合っていたという流れがいつものパターンです。

 私が英語が下手なことで自分が困るのはいいけど、チームを組まされたときに相手の負担になるのが嫌なんだよね。だからグループワークは苦手。

 でもお給料をもらっているので文句は言えません。仕事があるだけありがたい。こんなヘタレな私でも生きていけているのは仕事があるおかげ。

 今の仕事に応募するとき、生活できるかどうか不安でした。ドルでお給料をいただいているので、少なめに見積もって1ドル110円ぐらいだったらギリギリ生活がしていけるかなぁ、との計算だったのですが、円安が進んだおかげでゆとりがあります。円安に苦しんでいる日本企業もたくさんあるので、大きな声では言えませんが。

 お給料は2週間に1度のペースでドルで支払われます。数カ月分をドル建てでプールして、円安が進んだタイミングで日本円にかえて日本の銀行口座に振り込み依頼をしています。タイミングによっては1~2万円ぐらいは違ってきます。とはいえ、全体的に円高のトレンドになってきたら私にはどうすることもできないですが。とにかく今は円安でありがたいです。

 そろそろ執筆を始めます。2日ほど書けなかったけど、それもそれでしかたないと諦めて、今日できることをできる範囲でやりまぁす。

 素敵な日曜日を。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

なんかつらいなぁ

 いろいろ考えたらつらくなってきた。

 とりあえず、今日できることをそれなりにやる。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ちょっと雑談

 こんにちは。

 今日はなんとなく心の余裕があるので、特に何もないけど雑談しにきました。

 今日のこれからの予定は、午後4時半からオンライン英会話レッスンです。フィリピン人のトレーナーたちとの雑談がやたらと長くなり、毎回のレッスンがほとんど進みません。英会話の上達は感じませんが、行ったことがないのにフィリピン事情にくわしくなりつつあります。

 レッスンが終わったら、掌編小説を書き上げます。春までの長編の進むペースが思いがけず順調なので、つい掌編に浮気したくなりました。掌編も公募に出す予定。締切は明日やけど、できれば今日中にさくっと応募したいです。

 掌編を書き終えた後で仕事。午後11時から午前3時まで、3つの会議があります。
 午前3時やで! どう思う? 時差があるのでアメリカやヨーロッパに住むメンバーにはこの時間帯がちょうどいいみたいです。アジア人が少なくて、多数決で時間帯を決めるときにどうしても負けます。
 あまりにも眠いから、出席できなければ翌日に会議の録画を観ることで勘弁してほしいと交渉していますが、どうしても全員参加でチームを温めたいという高い理想を持つリーダーが1人いて、なかなか録画視聴を赦してくれません。困りました。週2回の定例会議は仕事の連絡とメンバーのレクリエーションを兼ねていて、約半分の時間を使って皆でゲームやクイズをしています。真夜中に起こされてハリーポッタークイズに答えさせられるのはきついです。私、ハリーポッターの映画はちっともわからん! 本で「賢者の石」は読んだけれども、それでもクイズはビリに近い成績。

 まぁ、仕事があるだけでありがたいですし、できる限り逆らわず、波風を立てずにプロジェクト終了までいさせてもらえたらなぁ~と願っています。たとえハリーポッタークイズでビリであっても、でたらめに答えているだけでお金がもらえます。

 今年の4月に始めた投資の勉強は、実践で失敗と成功を繰り返しながら学んでいます。今のところ、利益は3万円w しかもスクールに30万円を払ったから、元を取るのにどれだけかかることやら。ただし投資額が増えれば利益を得られやすいですし、このままずっと半年で3万プラスのままでいるつもりはないです。地道に勉強を続けていきます。

 今、私の中で山陰が熱いです。旅行したい。
 厳島神社の補修工事が終わったばかりなのですが、工事用の通路が今月中旬まで残されていて、そこを渡って鳥居の間近まで行けるらしいです。あの鳥居を近くで見られる機会なんてめったにないですよね。
 行けないやろうなぁ、と半ば諦めているけど、もし行くとしたら、
・広島で厳島神社を参拝して、
・鳥取の青山剛昌ふるさと館に行って、
 ※青山剛昌(ごうしょう)は漫画家で、「名探偵コナン」の作者。ふるさと館には毛利探偵事務所を再現したセットなんかが展示されているらしい。
・鳥取県の境港で妖怪検定3級にリベンジして、
 ※10年ぐらい前にわざわざ境港まで出向いて受験したのに落ちた。
・岡山県で大好物の大手まんぢゅうをお土産に買って帰りたいです。

 読書について。
 Twitterで知り合った作家志望の方に譲っていただいた、その人の自作小説本を読んでいます。併行して、ずっと読みたかった澤村伊智さんの「予言の島」にも手を出しはじめました。

 まだまだ書きたいことがあるけど、そろそろ執筆に戻ります。どうでもいい話ばかりでごめんなさい。
 バイバイ、またね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

11月の予定

 みなさん、こんにちは。

 寒くなってきましたね。

 アメリカ時間で働いているので、月曜日の夕方までは休みです。

 韓国で大変な事故が起こりましたね。ハロウィンの雑踏で人が将棋倒しになったやつ。巻き込まれた日本人もいたとか。ご冥福をお祈りします。

 ハロウィンのイベント、もうやめたらいいのに。そう意見するのは短絡過ぎるのでしょうか。日本でジョーカー仮装した青年が電車で暴れた事件も含め、いいことがない気がする。そもそも西洋のイベントだし、日本が取り入れる必要はないのでは? コスプレやパーティーに興味がない私だから言えるのかもしれませんが。

 11月は、これといって大きなイベントがありません。春に締切の長編の公募に出す小説を一生懸命に書いて過ごします。12月に出したい短編の賞が2つもあるけど、諦めることにしました。1つは文藝賞の今年限定の短編部門。「限定」に弱い私としては、記念に参加したかったです。もう1つは集英社のコバルトが募集する短編賞。こちらは二カ月に一度の募集があります。コンスタントに応募したいんだけど、なかなか……。

 アメリカの祝日は仕事が休みなので、中旬に感謝祭の4連休があります。たぶん引き籠って小説を書いています。

<11月の予定>

・執筆:
 長編ホラーを書き進める(月100枚書かないと間に合わない)

・読書:
 澤村伊智さん『予言の島』を読み始めました。今月中には読み終わりたい。
 他、Twitterで知り合った人に、自作小説を製本したものを譲ってもらいました。あと4分の1で読み終わりそう。読んで感想を送る。

・通院:
 4回。昨年は年末に倒れたので、今年は気をつけたいです。

・英語:
 週4~5回ペースのオンライン英会話レッスンを継続予定。続けることが大事。

・家事:
 玄関周りの床掃除を重点的にやろうかと。あと、不燃ごみを捨てる。

・買い物:
 新しいコート、バッグ、冬服を買う。電気毛布もほしい。

 書き出してみて改めて感じるけれども、めっちゃ地味! ときめきイベントが一つもなし!

 仕事がいつ契約終了になるかわからないので、散財して遊ぶ気になれず。とにかく今できることを地道にやろうという私らしくない保身に奔っています。まず小説を書く、くいっぱぐれないように英語のスキルを上げておく、投資でお金を増やす勉強をする。このあたりを大事にしている感じです。ああ、本当はこの秋に簿記3級の試験に再チャレンジする予定だったのに、勉強時間が取れなかったなぁ。やることはたくさんあるけど、とにかく地味。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

なんだか

精神的にギリギリになってきました。

明日の夜または明後日の明け方に、R18文学賞の2作目を応募します。いくら推敲しても納得のいかない作品やけど、手放すときがきました。きついですが、とにかく応募するところまではなんとか……。

カテゴリー: 未分類 | コメントする