タロット・カード教室のお茶会

 今日の大阪は雨です。雨の日は、アンニュイな気分になりますよね~。こんなご時世ですが、皆さん、楽しく生活できていますか?

 最近、ちょっぴりいいことがありました。
 4年前に思い付きで換金していた仮想通過が、なんと11倍に!
 ただし、預けていた金額がたった1万円分なので、11倍に増えたといっても大した金額にはなっていないのですが。いつ円に戻せばいいか、さっぱりわからん! 戻さずに持っておけば、もっと増えるかもしれないですし、逆に無価値になるかもしれません。とりあえず、しばらくは放置しておく予定です。

 それはさておき……。

 タロット・カード教室のお茶会のため、神戸に行ってきました。

 今月4日に開催されたお茶会にも参加したのですが、今日も席に余裕があるとのことで、再びお邪魔してきました。

 ボリューム満点のレアチーズケーキ、それに紅茶。占いの話を中心に、なんやかんやとお喋りに花を咲かせます。共通の趣味のある仲間なので、話題が絶えません。

 参加メンバーは、すでに占い師デビューをしている人、近々デビューしたい人、趣味の域でしばらく勉強を続けたい人など、いろいろ。先生やデビュー済みの先輩たちから、占い師ならではの悩みや楽しみも聴かせてもらえて、社会勉強になりました。

 お茶会の後、さらに2次会でお茶。2次会参加希望者が私1人だったため、先生と2人きりです。

 先生、私1人のために快く付き合ってくださって、ありがとうございます! お喋りに付き合ってもらえるのは、今の私には本当に助かります! なんせ、人恋しいもので!

 タロットが趣味の人たちの間でよく出る話題が、「どのカードが好きか」。どれが好きで、どれが嫌いかを訊いてみると、その人の性格や考え方が、よくわかります。

 私が一番好きなカードは、〈カップの2〉です(写真右)。知性を象徴する青い服を着た女性と、情熱を象徴する赤い服を着た男性。まったく違う種類の人間が、互いのカップを合わせようとしています。
 カップには水が入っています。水は自在に変容し流動的な性質から、心の象徴です。
 互いに心を触れさせようとしている瞬間を切り取った絵柄です。
 よく見ると、男性だけが1歩進んで、歩み寄ろうとしています。女性は自分からは動いていないですが、カップを差し出して受け容れようとしています。能動性と受動性のバランスが絶妙です。互いに動かないと関係性に進展はありませんし、二人とも猛進するとカップがぶつかって水が零れます。片方が勇気を出して、そろーっと動き出すぐらいが、この2人にはちょうどいいんです。

〈カップの2〉は〈恋人〉のカード(写真左)の下位互換だと考えられがちですが、実は意味が全然似ていないです。〈カップの2〉には、2人の間に合意が感じられます。さらに、背景の丘には、将来の2人が住むことになりそうな予感をさせる家が描かれています。今後の発展が期待できます。
 対して〈恋人〉は、相手に関心を示しているのは男性だけで、女性は上の空です。背景の険しくそびえる山の中には、何も見えません。つまり、一方通行の関心が始まっただけで、2人の間にはまだ共感がありません。さらに、女性の後ろには、蛇が。結ばれるには、まだまだ試練を乗り越える必要がありそうです。

 2次会で先生と行った会場は、この界隈で有名な喫茶店「春秋」。私はタロット教室の帰りに、1人でもたまに訪ねています。照明が暗くて、一人で考え事をするにはベストな喫茶店です。(写っている手は先生のもの。手だけ無断掲載ですが、先生、赦してください!)

 タロット教室の今後の展望などのお話を、じっくりと伺いました。

 ずっと一人で執筆作業をしているので、たまには人と話さないと気持ちが滅入ってきます。いい気分転換になりました。これで執筆にも集中できそうです。

 そんな一日です。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ネパール留学記

 以前に書いたネパール留学記。

 お蔵入りにしようかと迷っていたけど、せっかく書いたし、WEB上の文芸作品投稿サイトに発表することにしました。5月末締切の投稿サイト内のエッセイ・コンクールにもエントリーしています。

 既にたくさんの友人に意見をもらいながら、書き上げた作品です。

 まだ未読の方! もし良かったら、ぜひ読んでやってください。

 5月末までにイラストを入れて推敲も重ねますので、未完成ですがご了承ください。

ネパール留学奮闘記 ~教室の中も外も紛争だった~
https://novel.daysneo.com/works/c842105f651e60bddd0c9e335eaf62e0.html

 元の作品からずいぶんと削って、3分の2ぐらいにシェイプアップしましたが、それでも薄い単行本ができるぐらいの分量があります。もしお時間がありましたら、拾い読みでもしていただけたら……。

 悩んでいる点が幾つかありまして、相談に乗っていただけるとありがたいです。

相談1.ディーパについて
 作中、ディーパというネパール人の女性(サンスクリットの先生)が登場します。
 もし本人が私の手記を読んだら、あんまり気持ちが良くない内容も書いている気が。個人が特定されないように気を付けて書いていますが、もう少しぼかしたほうがいいか、ディーパのくだりはバサッと切ったほうがいいでしょうか。

相談2.瞑想センターの体験
 瞑想センターでの合宿体験について書いた部分があります。
 貴重な体験なので、残しておく価値がある、と、作者本人は思っています。
 どのページがどれぐらいのアクセスがあったか、作者は確認できる仕組みになっているのですが、瞑想センターの箇所が極端に人気がありません。皆さんは興味がないのかな~、退屈なら削ったほうがいいかも、と迷っています。どう思いますか?

 ネパール留学記の推敲と併行して、5月末までにもう1作、エッセイを書き上げる予定です。そちらも脱稿しましたら別途お知らせします。よろしければ、読んでやってくださいね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

執筆の悩み

 たまには愚痴ってもいい?

 いくら書いても、結果が出ないので辛い。どうしたらいいんやろか?

 新人賞に応募しても、結果が出るのに3カ月ぐらい掛かる。応募して瞬時に点数がわかるような種類のものであれば、「少しでも点数が良くなるように努力しよう」と思えるけど、小説ばかりは客観的な数値化で成績が出る訳ではないから、自分が成長できているかどうかもわからない。

 皆が同じ条件なので、試行錯誤をしながら研磨していくしかない、ってわかってるけど、時々、気持ち的にしんどくなる。ほんまに、どうしたらええんやろ?

カテゴリー: 未分類 | コメントする

4月の予定

 にゃー。

 皆さん、こんにちは。

 お元気でいらっしゃる? こちらは、すっかり引き籠り生活です。スーパーのレジで「お箸、要らないです」以外には喋らない日もザラ。執筆のできる時間があるので、すごく恵まれているけれども。上達しているかどうかは別として、分量は書けてはいる。でも、引き籠り過ぎて、たまに精神的にヤバい時も。基本的には一人でいるのが大好きですが、ちょっと寂しい。

 そろそろ、外で働くことも考えないといけないかも。貯金はまだあるけど、リハビリがてら、ぼちぼちと。急いでないので、ゆっくりと探す。給料は安くていいから、人間関係が良好なところがいいです……。

 3月は、1本の掌編小説(原稿用紙換算15枚)と1本の中編小説(原稿用紙換算120枚)を応募できました。

 4月の予定は、以下のとおり。

 4日:お茶会(タロットカード教室の仲間と)

 以上! 出掛ける予定は、これだけ。すごい引き籠り具合でしょ? 自分でも引くわ。あとはずっと執筆ですよ。

 4月の執筆の予定は、以下の通り。

・掌編エッセイ→昨日、応募済み!

・小説教室の提出原稿(締切:5日。できれば今日までに書いてしまいたい)

・エッセイ・コンクールの応募作品の執筆(締切:5月末。現在の進捗状況→20パーセント。締切までに、最低でも3本は仕上げたい)

・小説新人賞の応募作品の執筆(締切:6月末。ぼちぼちプロットは書き出したい)

・文学賞(短編小説)の応募作品の執筆(締切:8月末。締切まで日数があるけど、書けそうなら今月中に書いてしまおうかと)

  という感じです。今日も書きます。押忍!

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

映画『ビバリウム』

 仕事もせずに創作に打ち込む贅沢をさせてもらっている分際で映画鑑賞は贅沢かな、と迷ったけれど、予告編を観て以来、『ビバリウム』が気になって。私の好みの映画である予感。観ないと気が済まない。レディース・デイを利用して、梅田の映画館に行ってきた。

 ヨーロッパで撮られたサイコ・スリラー。

 家探しをしているカップルが、郊外の新興住宅の内覧に行って帰れなくなる話。

 想像以上に怖かった! ホラーやサスペンス映画を観て、久しぶりに恐怖心を感じた。ああ、こんな表現方法で、人を怖がらせることができるんだなぁ、と。

 怖いものが好きな人にはお薦め!

 派手さはないけれど、ヨーロッパらしい洗練された空気感もいい! ルネ・マグリットの絵画のような、美しいけれど裏側に怖さが隠れているような、心をぞわぞわさせる作品。

 ネタバレになるから詳しくは書けないけど、ラストが……。このテーマだったら、こういった結末にするしかないよなぁ、と、納得できる落とし込みではある。でもやっぱり……ああ……。他のラストが見たい気もする。でもでも、あのラスト以外は考えられないし……。でもやっぱり……と、思考がループする。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

トップ画像変更

ずっと有り合わせの素材で済ませていたトップ画像を変更しました。

どない?

文字の位置は、これで良い?
心持ち左のほうがベターな気もするけど、どんなもんやろか。デザインの勉強をしたことがないので、イマイチ自信がない。手作り感が出て、前の画像よりかはいいかな、と思ってる。

追記:
やっぱり気に入らないので、再びやり直しました。

・左右に引っ張って、もうすこし幅を長くした

・文字を小さめにして、雲の右端と文字の右端の位置を合わせた

真ん中に太陽が出ているバージョンも作ってみたけど、気に入らんかったからボツにした

ちょっと良くなった気がしていますが、どうでっしゃろ?

カテゴリー: 未分類 | コメントする

3月の予定

自分の忘備録も兼ねて、3月の予定をば

・1日~7日:
 小説教室に提出する原稿を書く(7日の零時までに提出予定)
 毎回、原稿用紙換算70枚から120枚ぐらいの分量を提出してるんだけど、2月が公募に出す作品に掛かりっきりだったので、ほぼ書けていない状態。
 教室へは、自分の半生の手記を書いて提出している。2002年春から2019年夏までの出来事。書き綴りはじめて、もうすぐ2年。この小さな私の平凡な毎日と心の変遷を、小説教室の先生に読み続けてもらっている。仕事とはいえ、先生は辛抱強い! 自分の気持ちを纏めることができて、なおかつ尊敬する先生に読んでもらえる贅沢。便宜上「小説教室」と表現しているけど、実際のところ、小説はほとんど書いていない状況。「カウンセリング」とか「セラピー」に近いかも。早くて5月、遅くて秋ごろまでに書き切る予定でいる。

・7日:
 大切な人の命日
 どうやって過ごそうかいろいろ考えた結果、家で大人しくしようかな、と。
 祭壇を作ってビールをお供えして、故人と語らいながら飲む夕べの予定。

・8日~末日
 ①部屋の掃除
  公募の締切前は特に、原稿のことしか考えられず、部屋が酷い有様に。片付ける。

 ②読書
  読書の時間を設けたい。今月中に読みたい本が、10冊ほど。

 ③4月に提出分の小説教室の原稿を書く
  今月は時間的に余裕があるので、作品にじっくり向き合えそう

 ④(余力があれば)掌編を公募に出す
  原稿用紙換算15枚程度の作品を書く。締切が6月末なので急がなくていいけど、書けそうであれば。
  ストーリーの構成を組むのがとても下手だと気付いた。知人に薦めてもらったハウツー本を参考に、プロットを組む実験練習を兼ねる。

 3月はこんな感じ。

 いろいるあるけど、創作に打ち込めるって、すごい幸せ。会社に行っている時分には、帰ったら疲れて眠ってしまったりと、なかなか思うように取り組めなかった。もちろん貯金は減り一方だけどね。とにかく、今を楽しむ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2作目も出せた!

 昨日の夕方、今月2作目の応募作品を郵便局に出してきました。

 皆さんの応援のお陰です! ありがとうございます!

 郵便局に行く前に、1作目と同じように神社に参拝した。祀られている神様からしたら、「あれ? この人、昨日も同じような原稿を持ってこなかった?」って思うよね。きっと既視感がバリバリやわ。

 精一杯闘ったので、原稿を仕上げる頃には意識が朦朧としていました。コピーを取るために寄ったコンビニで財布の中身をぶちまけ、神社で手に握っていた賽銭をボロボロ落とし……。落としたことにも気が付かなくて、親切な参拝者に拾ってもらう始末。

 2作とも拙い作品ではあるけれど、現在の私の持てる力を出し切れました。悔いなし!

 充実した2月でした。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

応募した(ただし1作だけ)

朝、近くの神社に応募原稿を持参でお参りに。

その足で、郵便局に行ってきました。

出せたーー!

よっしゃーー!

本当は、吉日の今日に2作を別々の応募先に出したかったけど、1作は間に合わなかった。締切は、明日の当日消印有効やから、明日でもセーフやけど、それでも間に合うかどうか。近くの郵便局の夜間窓口が、このご時世で時間短縮になってるんだよね。いつもは23時までやのに、明日は18時まで。とりあえず、今日1日頑張ってみて、出せたら出します。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

1作仕上げた……

 お陰様で、昨年の冬から書いている小説を1作、なんとか仕上げました。

 満月かつ吉日である27日に、印刷して郵便局に持っていきます。

 原稿用紙換算で327枚。単行本にできる分量です。拙い作品ではあるけれども、とにかく仕上げて応募することが大切。

 今日はもう寝る……。

カテゴリー: 未分類 | コメントする