Mさんへ

 秋ごろにはもう一度連絡するとお伝えしていましたが、とっくに秋を過ぎてしまいました。
 お元気でお過ごしですか?
 心にブロックが掛かっていて、まだしばらくメールを差し上げられそうにありません。代わりに、ここに現在の思いの丈を書いておきます。このブログを見にきてくださるかわからないですが。

 この春は、急に怒ってごめんなさい。

 怒った根本理由は、たぶん、Mさんが想像と違うと思います。

 私はMさんともう一度話し合いたいと願っていますが、応じるかどうかは、Mさんの自由です。
 ただ、今の私はあまり良い状態ではないですので、話し合っても建設的ではない気がしています。
 一方で、時間の経過と共に友情が失われてしまうのではないかとの心配もあります。スープだって、放置したまま時間が経てば、必ず冷えます。

 いずれまた……たぶんですけど……。

 

近況報告から5か月が経っていますが……

 お久ぶりです。
 皆さん、お元気でいらっしゃいますか?
 前回の近況報告から、5か月が経過しました。

 このところの状況について書きます。

 会社勤めは、なんとかかんとか続いています。前々から気付いていましたが、どうも私は集団に身を置く状況が大変に苦手なようです。毎朝、嫌々の出勤です。

 執筆のほうは続いていますが、新人賞にことごとく落選しています。

 気分転換に旅行でも行こうか、と。
 もう10年以上、インドに行っていません。会社では、ちょうど1つの作業が終了し、異動になるタイミング。半年間、休まず頑張ったから、有給休暇ももらえます。2週間の休暇を申し出ました。

 が、却下。
 新しい部署の上司が「1日か2日だったら許可するけど」との返答が。土日を挟んでも4日間でしょう? 嫌じゃぁぁぁ! たった4日でインド旅行を組むなんて!

 会社も行きたくないし、インドには行けないし。かなり荒ぶっています。
 こうなったら、日本にいながらインド生活を送るしかない、そうだ、そうしよう!

 ということで、昨日はインドから来たヒンドゥ教の修行者の講話を聴きに行き、夕方には筋肉少女帯のライブに出掛けて『日本印度化計画』で踊りまくりました。

 ヒンドゥ教の修行者の講話会で、終わりに抽選会がありました。
 昔から、くじ運とじゃんけん勝負には強い私です。
 C賞で、金ピカのクリシュナの絵と、お祈りのCDをいただきました。

 修行者の方が、鞄の中から絵の束を取り出しました。
 絵の中から1枚を選ぶ様子を私は横から見ていました。「ガネーシャをください」と言おうとして、口を噤みました。きっと今の私に必要な絵が贈られるはずなので、私の意思は挟まないほうがいいような気がしたので。

 くじ引きに当たったり、ライブで思い切り楽しんだりと、良いこともありました。が、この5か月の全体的な評価としては、かなりの低迷でした。
 心がすさんでいるし、多くのことがちょっとずつ上手くいっていないような感じ。

 加えて、先月は、人間関係で手痛い失敗をしました。後悔しているような、それでいて、先月の私は、ああするしかなかったよような。目に見えない力に動かされている感覚です。自分らしくない行動を衝動的にしてしまう経験って、皆さんにはありませんか?

 先週の話ですが、インド占星術師に診てもらいました。この不調から、なんとか脱却したい。

 占星術師によると、どんな人にも、厄年のように不運な星の巡り合わせの時期があるそうです。なんと、7年も続くのだとか。私だけ特別に長いのか、誰もの不運期間が一定なのかは知りませんが、とにかく、超長い!
 そのインド占星術的厄年から、私はもうすぐ抜けられるそうです! 来年の1月! あと2か月の辛抱!
 2012年から不調だったってことでしょうか? 振り返ってみて、思い当たるふしがありまくりです。もちろん、楽しいことも、素敵な出会いもあったけどね。

 あと2か月、油断せずに落ち着いて凌ぎます。来年からの展開を楽しみに……。

近況報告

 どうもどうも、こんにちは。
 お久しぶりです。
 みなさん、お元気ですか?

 約2週間ぶりに、自分のパソコンの前に座っています。
 会社→帰って寝る→会社…のループにハマっていました。
 仕事中にずっとパソコンのディスプレイを見ているので、目が疲れて自宅でパソコン作業ができなくなりました。小説はノートに手書きしてる。

 会社はねぇ、思ったよりも楽しいよ。
 集団に身を置いて働くと、ルールやらシガラミやら、いろいろあるけど、想像していたよりかは苦痛は少なめ。

 執筆は、あんまり進まなくなったけれども。

 仕事で、数学の知識が必要なの。高校数学の参考書を買って、三角関数とベクトルを勉強をしています。高校生のときに一通り学んだはずだけど、すっかり忘れてる。
 残業はないけど、帰ってから勉強もせなあかんし、小説が書けない……。書きたいのに……。

 先週は、東京の講談社に行ってきたよ。
 編集者さんから執筆のアドバイスをもらえるイベント。一対一で15分間、お話ができるんだけど、ラッキーなことに、某雑誌の編集長さんが私の担当になってくれた。
 なかなかの高評価でした。私には勿体ないお言葉を頂戴して、ホクホク顔で帰阪したよ。

 明日は、梅田でオカルト・セミナーがあります。
 オカルト・セミナーの話は、また別の機会に書くわ。エッジのきいた内容で、毎回、ワクワクしながら通ってるよ。

 これから、久しぶりに執筆を進めます。雨の音を聴きながら。チャオ!

初出勤日

3年ぶりに、会社勤めを始めた私。
今日が初出勤日だった。
会社の人たちは親切で、環境は良好だけど、気疲れがハンパない。業務もすごい複雑。
今、仕事を終えて、喫茶店でぼーっとしてるところ。
人にも業務にも環境にも、ぼちぼち慣れていきます。

就活やら執筆やら、いろいろ

 おはよう。
 ただいま、就活中です。
 複数の会社に面接に行ってるよ。せっかく先方が気に入ってくれたのに、断った仕事もある。「選んでる場合か?」と、自分のことながら突っ込みたくもなるけど、会社の雰囲気にフィーリングが合わなかったの。
 現在は2社の返事待ち。第一希望が通ったら、そこに決めようと思ってるよ。
 数カ月は無職でいられる貯えならあるから、生活が逼迫している訳ではないよ。でも、いつまでもフラフラしていられる身分ではないし、決まらないと落ち着かない。
 たくさんの友達に励ましてもらってる。「あんたなら、すぐに次の仕事が見つかるよ」と能力を認めてくれる声も嬉しいけど、一番励まされるのは、小説を褒めてくれること。仕事ではうだつが上がらなくても、文章では褒めてもらえる。駄目な私にも取柄があると思っていいのかなぁ~、なんて。
 小説教室に提出した作品について、何人かの仲間から個別に感想をもらった。「泣いた」、「感動した」との反応がすごく嬉しくて、失業により落ち込みがちな私の心の支えになってる。
 今書いている小説は、4月25日〆切の大藪春彦新人賞に出す予定だったけど、応募規定枚数を大幅に超過したため、他の賞に狙いを定め直した。6月末に〆切の賞だけど、既に推敲も終わらせた。小説教室の先生の講評を聞いてから、少し手を加えて応募する予定。
 他の仕事をせずに、文章だけ書いていられたらいいのに。そうなれるように、地道にコツコツとスキルを上げる努力をする。

大ピンチ

 昨日の夜、突然に仕事をクビになりました。
 生活していかなあかんから、大ピンチ。
 就職活動のスタートです。
 また、外で働かんとあかんくなりそう。
 とりあえず、派遣会社に相談のメールは送っておいた。
 
 多少の貯えはあるので、すぐに困りはしないけれど、できれは今月中に新たな仕事を見つけたい。
 なんとかなると信じる! 信じたい!

寝起き

 今日は1日中、寝てた。気合を入れて執筆するつもりでいたのに。起きたら夜中。20時間ぐらいは寝たと思う。年に一度は、起きられない日がある。メンテナンス日として認め、稼働は諦めよう。

 最近あったこと、思うこと――
・小説教室の仲間(東京から通っているガッツのある2人)と、教室帰りに、たこ焼き屋に寄った。たこ焼きをつつきながら、夜中まで創作について語り合った。私、こういうことがしたかったんだよね。
 共通の知り合いが、超ビッグタイトルの小説新人賞の最終選考に残った件が話題に。最終結果はまだ出てないけど、受賞したらエライ騒ぎやで。それに比べて、私はまったく結果を出せていない……。他人と比べてもしゃーないとは、わかっているんだけどね……。ああ、切ない。

・昨日、『大島てる事故物件ナイト』に行ってきた。事故物件(何らかの理由で人が亡くなった住宅)について語るトークイベント。大阪で行われる場合は、5割の確率で通っている。
 大島てるさんの話が好き。独特の言い回しだし、好みは分かれると思うけど、毎回、独自の分析と話し方が面白くて、ついチケットを買ってしまう。私と同じ考えの人が多いのでしょうが、毎回、満席。今回も面白かった。

・来週、タロット占いのお試し講座に行ってくる。
 タロット・カードには興味があって、私自身もカードを持っている。小説のネタにもなりそうなので、半年コースに通おうかなぁ、と。迷っているので、とりあえず1回完結のお試し講座に通うことにした。

 そんな感じです。
 じゃあ、執筆に戻ります。桜がきれいだね。

現在の執筆状況

 2月まで約半年に亘り書いていた手記をやっと手放せたので、短編小説に取り組んでいます。
 手記は小説教室の合評会でもそれなりに高評価をもらえたけれど、小説はどうかなぁ。「あいつはやっぱり小説を書かせたら駄目だな」とは思われたくないやん? で、過剰な自尊心のために肩に力が入って進まない。次の月曜日(25日)の小説教室に提出したいから、今、一生懸命書いてる。時間的に、最後まで書き切れるか微妙なところ。断食でちょっと元気と集中力はアップしているから、なんとかなるといいけど。
 書き上げた小説は、1か月ほど推敲を重ねて「大藪春彦新人賞」に応募する予定。
 ただし、応募規定が「冒険小説、ハードボイルド、サスペンス、ミステリーを根底とする、エンターテインメント小説」なのですが、私の書いている小説は、冒険小説にもハードボイルドにもサスペンスにもミステリーにも当てはまらないの。応募先を変更したほうがいいかもしれない。小説教室の先生に相談します。
 今夜も続きを書きます。