グル・プルニマをいかに過ごすか

7月5日はグル・プルニマ。

プルニマとは、サンスクリットで満月の意味。

 グル・プルニマは、一年に一度、この時季の満月の日に、グル(師)に感謝するための日。

 2020年のグル・プルニマは、7日5日。

 私にも大切な師がいる。もう亡くなったけど、学生時代の私に学問の楽しさを教えてくれた。

 グル・プルニマには師を偲びながら、奈良県・大神(おおみわ)神社のご神体(三輪山)を登拝しようと計画していた。

 ところが、天気予報では大雨。

 家で、大人しくしてようかな……。

 先日までこのサイトに載せていたインド旅行記で、アマチという聖女の話しを書いた。グル・プルニマには、アムリタプリのアシュラムから、アマチのダルシャンのライブ中継があるらしい。

 アマチのダルシャンを眺めながら、家でのんびり執筆活動でもしようかな、と。

 興味のある人がいるかもしれないので、ライブ中継先のリンクを張っておくね。

 live.amma.org

 2020年7月5日、日本時間13時30分からだそうです。

 インドからの配信だし、なんやかんやで始まりが遅くなる可能性も。観たい人は、だいたい13:30ぐらいになったら上記サイトに飛んでみて。やってなかったら、しばらくしてからブラウザの更新ボタンを押してください。

 たぶんやけど、めっちゃ長い。気が向いた時に、途中から観るのもありだと思うよ。

 あと、ストリーミングは無料。寄付のお願いが載っているけど、気にしなくて大丈夫。もちろん、寄付したい人はしてくれたらいいけど。アマチの高弟が日本でたびたび講話会を開いていて、会場には寄付金箱が置いてあるの。今度、講話会に行った時に、私が皆の分も含めて、いつもよりは多めに出しとくから。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

日本のインド料理店に感じる違和感 2/2

 レジで勘定を払う時に、神様の絵を指して、「スカンダ」と店員に教えておいた。

 店員は片言の日本語で「神様が好きですか」と訊いてきた。

「はい、私は神様がとても好きです」と、教科書的な正しい日本語で、ゆっくりはっきり答えておいた。

 私の答えがわかったらしく、店員は深く頷く。もっと話したい素振りだが、言葉が出てこない。私も少し雑談を続けたかったけど、伝わるかわからない相手に苦労してまで伝えたい話題も見つからない。レジを挟んで笑顔を向け合う謎の1分間が過ぎていった。

 ネパール人がネパール人である正体を隠して、店内をインド風にするために信仰もしていない神様の写真で店をいっぱいにして、インドの庶民は食べないナンを、日本人の期待に応えるために出すシステムは、本当にこれで良いのだろうか。現実の歪曲には疑問だ。需要とかマーケティングとかは、わかるけれども。タレントのデーブ・スペクターさんが、髪の毛を金髪に染めていると知った時と同じ気持ちだ。みんなは知ってた? デーブさんって、金髪ではないらしいよ。もっと暗い色。染めてるのは、日本人が抱くアメリカ人のイメージに合わせるためだろうね。

 みんな、それでいいの? それがいいの?

カテゴリー: 未分類 | コメントする

日本のインド料理店に感じる違和感 1/2

 5月の話。

 休日出勤で働く日曜日、昼休みはインド料理店に足を運んだ。

 会社の近くにインド料理店があり、以前から気になっていた。日曜日なら、平日の昼時よりは空いているだろうと思って。

 店内には、インドの国旗が何枚も飾られ、インドらしさを大々的にアピールしているが……。

 店員は、どう見てもネパール人だ。私はネパールに住んでいた経験があるので、インド人とネパール人の見分けがつく。

 気付いている日本人は少ないだろうけど、日本のインド料理店の多くでは、店員はネパール人だ。

 ネパール人なら、ネパール料理で勝負したらいいのに。ネパールにも、美味しい物がたくさんあるよ。

 とはいえ、仕方がないのかな。日本ではネパール料理といってもピンとこない人も多いし、集客は難しいかもね。

 クリシュナ神が祀ってある。美しい。

左からガネーシャ、ラクシュミー、サラスヴァティ。
この組み合わせは珍しい。

 ん?

↓この神様は、誰だっけ? 孔雀に乗っていて、頭が6つ。ムルガンだっけ? カールッティケーヤかな? スカンダだったかも。

考えあぐねていたところに、ネパール人の店員がカレーを運んできた。

「すみません、あの絵の神様って、誰ですか?」

 あまり日本語が得意ではないらしい。通じなかったので、身振りを交えて伝えてみる。

 なんと、店員は神の名前を知らなかった。

 ネパール人って、もうちょっと信心深いと思い込んでいた。軽くショック。

 厨房に声を掛けて、他のネパール人にも訊いてくれた。

「バグワンコ・ナーム・ケーホー?」
(この神様の名前、何だっけ?)

 でも、誰も知らない。

 結局、スマホで自力で調査。

↓スカンダでビンゴ!

スカンダ Wikipedia

 調べたところ、スカンダもムルガンもカールッティケーヤも名前が違うが、同一の神との説があるっぽい。

 ちなみに、カールッティケーヤは、ガネーシャと兄弟関係だ。どっちが兄で、どっちが弟だったかは忘れた。

(続く)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

7月の予定

明日から7月。6月に増して、忙しくなる予定。既に決まっている予定を、ここに書いておきたい。

体調維持のためにも、半分を達成できたら合格としたい。

①小説を1冊は読む

 読みたい本が、自宅に山積み。

②掃除

 片付けたい

③オカルト・イベントに参加

 趣味の世界。毎回、新たな気づきがあるので顔を出したい

④小説教室×2回

 顔を出すか、通信で参加するか悩み中

⑤単発のバイト

 ときどき参加している1日バイト。デスクワーク

⑥副業

 7月から始める予定のライティングの仕事。会社が嫌すぎて、いつまで勤まるかわからないので、いざという時に備えて無理のない程度に自宅でできる仕事を確保しておこうかと。トライアル・テストに合格したので、チャレンジしてみる

⑦ある有名人の似顔絵が描きたい

 ネット・ニュースで写真を見るたびに、この人の顔、描きたいわぁぁと、思い続けて、はや半年。描けたら、このサイトにアップする

⑧資格試験の勉強

 2か月前から継続中

⑨小説教室に提出する手記を書く

 7月に提出する分は、おおかた書き終えているので、推敲が中心

⑩新たな応募原稿を書く

 8月に応募したい賞がある。短い作品でOKなので、8月に始めても間に合うけど、プロットは固めておきたい

⑪サイトのトップ絵を描き始める

 なかなか着手できずにいる。そろそろ有言実行したい

⑫このサイトの更新

 目標:3日に1回以上

まだまだやりたいことはあるけど、欲張り過ぎるとまた倒れるので、このへんに。

来月も仲良くしてね。よろしく。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ぼんやり中

ナマステー。

会社帰りの喫茶店で、ぼーっとしてるとこ。

今日は好きなだけボンヤリして帰る。今朝に作品を応募できたご褒美。

クオリティの高低は別として、応募に漕ぎ着けた事実が嬉しいんだよ、私は。自分自身に参加賞をあげたい。

支えてくださった、皆さまのお陰です。感謝しています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

応募完了

 なんとか応募にこぎつけました。

 読んでくださり、感想を送ってくださった皆さん、ありがとうございました。

 自分の力不足にとことん直面させられた体験だった。ゆっくりセルフ反省会を開きたいと思う。

※応募規定により、応募作品はWEB公開できないので、作品は当サイトから一旦削除しました。

 達成感はある。

 それ以上に、眠い……。仮眠は取ったけど……。

 満身創痍で会社に行ってくる。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

執筆仲間の作品紹介

 東京に住む執筆仲間が、電子絵本(アニメーション動画)を作ったので、ご紹介。

https://cheerforart.jp/detail/343?fbclid=IwAR12JPPg7TKrvzg3Wmt8aRrBugESmYis08nQnRLqhvE9V7bmNZYrA35tuAs

 何か感想があったら、私にメッセージください。本人に伝えます。反応してもらえるのが一番嬉しいと思うので、ぜひよろしくです。

 知り合いの声優さんと力を合わせて作ったそうです。共作できる仲間がいて羨ましい。

 シリーズ化の予定があるらしい。

 彼女は秋田県出身で、秋田弁のすっごく味のある小説を書く。彼女の作品を通じて、秋田弁の良さと哀愁を知った。今回の動画のみかんちゃんにもぜひ秋田弁でしゃべってもらいたい、とリクエストしておいた。秋田弁のイントネーションの訓練は、声優さんにとって大変だろうけど。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

 本日の執筆の進捗状況を発表する。

 じゃーーーーん。

 気合を入れた割りには、たった二千字……。

 言い訳をさせてくれ。

 このブログに「今日は書くぞ!」と投稿した直後、元カレからデートのお誘いが。

 いろいろと思うところがあり、現時点では復縁を考えていないし、かなり迷ったんだけど……。このところ気持ちが滅入っていることもあり、人に甘えてみようかな、と。執筆よりも、気の置けない人に会うほうが、今の私には大切な気がして。

 彼がネットで調べた情報で、箕面公園に蛍を観にいくことに。

 蛍って、6月が見頃だって知ってた? 私は、8月とか、夏のイメージがあったよ。世の中、まだまだ知らないことが多い。

 箕面公園の大滝。二日ほど前に大雨だった影響か、普段以上の水量。水しぶきが飛び散りまくり。

 日が落ちるまで滝の近くでお喋り。近況を語り合った。彼は相変らず、仕事が忙しい模様。今日も出勤して、昼過ぎまで仕事をしてから駆けつけてくれた。

 どうやったら会社に行かずに済むかばかりを考えている私とは、大違いである。

 暗くなってから坂道を下りて、蛍のいそうな川沿いに移動。

 いた! めっちゃおる!

残念ながら、スマホで撮影すると、どれもショボい感じなのだが。

たくさんいて、すごく綺麗だった。

「あの高いところにいるのも蛍?」

「いや、動かないから星やろ」

とか、メルヘンに語り合うのが楽しかった。

生きていると、基本的に厭なことばかりやけど、たまにはいいこともある。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ワロタ

 社会人になって会社で働くということは、つまりはそういうことだ。

 ああ、ミンキーモモタソ……。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アベノマスク到着の巻

 幼い頃は、郵便受けを見るのが大好きだった。外から帰る度に、自分への郵便物が届いていないか確認する。

 中学生にもなると、複数のペン・フレンドがいた。雑誌の「ペン・フレンド募集」コーナーで見つけた相手もいたし、風船の紐に住所と名前を書いて飛ばし、拾った人から返事をもらうこともあった。

 大人になってからは、郵便受けに入っている物といえば、DMやチラシばかり。郵便受けをチェックするトキメキは消えていった。

 そんな私が最近、ずっと郵便受けを気にしていた。アベノマスクの到着を待っていたのである。

 政府から、マスクが送られてくる。マスク不足で困っている私を政府が助けてくれるのだ。大阪府は東京都に次いで感染者が多いから、きっと四月下旬には届けられるにちがいない。

 そう期待していたのだが。

 到着に気付いたのは、今朝だった。今朝か、昨日の晩の投函だろう。宛先も書かれていないから、郵便システムではない方法で配られている様子だ。

 既に我が家には、使い捨てマスクが飽和状態である。一年間は持ちそうな枚数の備蓄ができあがっていた。遅過ぎる。大阪で今朝やっとだから、感染者が少ない県では、もっと時間が掛かるんだろうなぁ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする