大阪地裁傍聴記 生野区の殺人事件 ⑨ 2020年6月23日 4日目(最終日)

 公判4日目(判決日)。

【判決】
 懲役16年。

※前科/暴力性/強固な殺意/自首/判例による量刑傾向を考慮した結果

【傍聴人(私)の所感】
 4日間を通して裁判を見てきた訳だが、妥当な判決と感じた。

 覚醒剤精神病の影響は明らか。病気の影響に関してどこまで減刑するか、が難しいところ。

 判決を聞いた時、始終蒼い顔をしていた被告人の首元が、更に蒼くなった気がした。2人の弁護人たちも浮かない顔をしている。きっと弁護側には不服な量刑だったのだろう。

 懲役16年。56歳の時の犯行で、拘留期間は減算される。出所は72歳。被告人からしたら大変に長い時間だろうが、遺族にとっては心配も残るだろう。逆恨みによって危害を加えられるかもしれない、と恐れている依属。将来、被告人が刑務所から出てくる可能性を考えると、安心はできない。

 私は法律に詳しくないのだが、刑罰とは何のためにあるのだろうか?
 犯罪者の更生のため?
 あるいは、遺族への償いのため?

 今回の事件の判決で、裁判長の読み上げた主文の内容によると、量刑には「被害者遺族の強い処罰感情がある」ことも加味されているようだった。

 被害者の妹が意見陳述をした際に泣き崩れ、それを見た若い女性の裁判員が貰い泣きをしていた。

 遺族の感情に流されて量刑が重くなることがあって良いのだろうか?

 たとえば殺された人間に遺族がいない場合、悲しむ遺族がいる場合に比べて、加害者の刑罰は軽くなる可能性が高い。

 私は家族と上手くいっていない。現在の司法制度だと、もし私が殺されても遺族の被害者感情の点では量刑は重くならないだろう。「あなたは命が軽い」と世間にジャッジされているようで、少し辛い。まあ、悲しむ人が少なくて済む点では恵まれているのかもしれないが。それでも釈然としない。

 今回の事件で、もう1つ気になる点がある。

 反社会勢力の組員の嶋本(角野が町河の浮気相手だと思い込んでいた人物)については、法廷において捜査・取り調べの有無が一切、語られていない。

 浮気も監視もすべて角野の妄想ではあろうが、なぜ一度も嶋本本人に裏を取ったかどうかが法廷で述べられないのか。何か話せない事情があるのか、それとも、モラル的に反社との接触ができないからなのか。裁判を通しで見ても、把握できる事実はほんの一部である、と思い知らされた。(終わり)

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

大阪地裁傍聴記 生野区の殺人事件 ⑧ 2020年6月18日 3日目

(前回の記事の続き)

【弁護人の最終弁論】
・「木を見て森を見ず」
 →犯行そのものだけではなく、事件の背景を見なければならない。

・本件当時の角野の精神状態の反響の程度を考慮すべき。

・角野は心神耗弱状態にあった。
(強い猜疑心/音に敏感/意欲低下/情緒不安定)

・リスペリドンの服用中断が原因

・鑑定人による精神鑑定で「衝動的/爆発的/暴力的」な性格特性を指摘されたが、性格特性ではなく覚醒剤精神病の影響と明らか。

・心理テストにおいて、攻撃性が指摘されたが、
 →9つのテストのうち、攻撃性が認められたテストは2つのみ。
 →2つのうち1つの実施時、角野はテストに対する意欲に欠けていた。
  (正確に鑑定できているか、疑いが残る)

・客観的犯罪行為(行為対象、結果)
 主観的意思決定(心神耗弱、精神障害の影響)
 情状(反省、自首、再犯の可能性)
 →上記を加味し、相応しい量刑を。

⇒懲役10年が妥当

【被告人の最終意見陳述】
・自分がしたことは許されない
・被害者を死に追い遣った事実に間違いはない
・遺族の想いを受け留め、刑に服したい
・遺族(子供/兄弟)の人生を変えてしまった
 →大変申し訳ない。謝罪したい。

(3日目、終わり)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

小中千昭『恐怖の作法 ――ホラー映画の技術――』

 暑くて溶けそうだよね。

 ホラーが書けるスキルがほしくて研究中。

 映画にしても小説にしても、私は心霊モノって怖くないんだよね。
 ホラー映画で急に音が上がったりすると、音にびっくりすることはあるけど。内容とか幽霊のヴィジュアルとかには、あんまり恐怖を感じない。恐怖を感じる脳の機能の一部が壊れているのかも。

 であれば、ホラーを書く素質そのものがないかもしれない。
 何を書いても自分自身が怖くないんだから。どうやったら作品が怖くなるかなんて、わかるはずがない。

 そう考えると、耳が聞こえないのに作曲ができたベートーヴェンは只者ではないね。

 とはいえ、恐怖がわからない分、冷静かつ分析的にホラーを執筆できるのではないか、と一抹の希望を抱いてはいる。

「恐怖とは何ぞや」と探究する私に、Twitterで知り合った方が紹介してくださった本が『恐怖の作法』。

 ホラー映画の脚本を数多く手掛けてきた筆者が、「本当に怖い」映像作品の制作について纏めた本。

 小説を執筆するヒントに、と読み始めたが、映画的な恐怖の見せ方についての言及は、雑学としても興味深い。

 さて、肝心の恐怖についての話だが、筆者の考えが端的に表れる文章を引用する。

P.100
 よく、サイコ・ホラー物を評する時に、「一番怖いのは人間の心だ」などとしたり顔で書かれているのを目にするが、私は問いたい。「あなたは、本当に怖いものに遇った事があるのか」と。暴力的なまでに不条理な存在と対峙した事があるのかと。

 ここが筆者と私の袂を分ける意見の相違点である。

 私は幽霊の存在を信じていない。
〈人間が一番怖いと考える派〉だ。

 仮に幽霊が存在するとしよう。
 存在したとしても、幽霊よりも人間のほうがよっぽど怖い。

 肉体を持っている分、生身の人間のほうが強い。物理攻撃ができる。
 幽霊が肉体を失った元人間であるならば、生きた人間は幽体 + 肉体の両方を兼ね揃える。

 やっぱりちょっと説得されないというか、筆者は「幽霊が怖い」ことに自信を持っているから、幽霊の登場する映画の脚本が書ける気がする。なので、筆者の主張を迎合できない私には、この本に書かれている手法では創作は難しいかもしれない。読み物としては面白いけれども。

 共感した点を引用しておく。

P327
リアルな恐怖とは。自分自身がもしこういう目に遭っていたらどういうリアクションをとるのか。

 読者(または観客)が、登場人物に感情移入できなくても構わないようだ。性格や価値観を読者が受け容れられなくてもOK。ただ、行動の根拠にリアリティがなければならない。だから、ちょっとしたディテイル(仕種、相槌、リアクション)も盛り込むべきだ、と。

 この理屈は納得できる。ホラーは臨場感が命。

 面白い読書体験ができた。
 ホラーを書くスキルの開拓には、いまだに迷子中ではあるが。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

柚木麻子『BUTTER』

※ちょっとだけネタバレがあります。ご注意ください。

 今年読んだ本の中で、暫定1位!

 めちゃめちゃ面白かった!

 週刊誌の女性記者が、取材のために連続殺人犯に面会に行く。殺人犯の言葉にコントロールされ、動かされていく人間ドラマ。

 アマゾンのレビューを見ていると、私のように感動している人と、批判的な人に分かれている様子。

 批判的な人は、「独白が多過ぎる」と。
 主人公の心の声を地の文で描いた部分がとても多い。
 これは好みの問題だろう。主人公の心模様が描けるところが小説の醍醐味の一つである。たしかに冗長過ぎる印象を受ける場面もあるが、私にはむしろ好印象だ。丁寧かつ細やかに、伝えにくいニュアンスを諦めずに描き切ろうとする気概を感じさせる。

 物語に登場する連続殺人犯は、木嶋香苗さんをモデルにしている。
 この前に読んだ折原一さんの『模倣犯』でも木嶋香苗さんをモデルにした主要登場人物がいる。なんか知らんけど、皆、木嶋香苗さんが好きなのねぇ。個性的だし、注目する心理はわかるけれども、まさか立て続けに木嶋香苗劇場を読む結果になるとは想像していなかった。

 余談だが、木嶋香苗さんのブログを読んだことある? めっちゃ文章が上手いよ! 人を惹きつける文章をお書きになる。

『BUTTER』の話に戻りたい。

 登場人物たちのキャラクターの書き分けが実に見事。
 私が一番気に入った人物は、主人公の恋人の誠さんである。
 ちょっとヘタレで人との関わり方が不器用なのだが、気持ちがわかる。世話を焼かれるのが苦手。恋人が手料理を作ろうものなら不機嫌になる。「(恋人に)そういうのは求めてないから」と、素直に喜ばない。深層心理には、仕事に忙しくて母親に構ってもらえなかった子供時代の心の傷が隠れている。他人には迷惑を掛けない代わりに、他人にも自立やストイックさを求める。私にもそういう心の傾向があるから、感情移入して読んだ。

 作品の中でちょっと気になったことが2点。

 1点目。40代以上の登場人物は皆、人生に疲れているような描写がされている。
 そんなに老いた感じに書かなくてもいいのにねえ。
 昔、漫画・アニメの『名探偵コナン』の毛利小五郎が38歳だと知って驚いた記憶がある。どう見ても40歳は越えている。作者が若いから、年長の登場人物は齢を取って見えるのだろう。きっと柚木麻子さんも若いから、40歳以上は年寄りに見えるんだろうなぁ、と。

 2点目。体重の問題。
 主人公は殺人犯の影響を受けて、どんどん脂肪分たっぷりの料理を食べるようになる。それでみるみる太って、周りに「太った」と揶揄われる。
 もともとが身長166センチで49キロ、54キロぐらいから周囲の目が厳しくなっていき、最終的には59キロまで育つのだが――
 166センチで59キロだったら、ぜんぜん太ってないよねえ?
 元エレベーター・ガールで美意識の高い知人が、「昔は50キロを越えたら死のうと思ってたのよね。今では余裕で越えちゃってるけど」と自虐的に笑った時を思い出した。太り過ぎの私に向かって、それを言いますかね? その理屈だと、私なんて生きている価値もないのだが。

 と、いろいろと突っ込みどころはあるが、本当に面白かった。登場人物一人一人のこの先の人生を知りたくなるような愛着が生まれた。最後に皆で集まって食事をするシーンに感動。この作品に出会えて幸せだ。

 最後に、作品の中に出てきた食品の中で、気になるもののリンクを張っておく。

■エシレバター

https://www.kataoka.com/echire/

 フランス産のフレッシュ・バター。
 軽い口溶けが特徴。エシレとバゲットさえあれば、私には大変なご馳走。
『BUTTER』の中では、エシレを使ったバターご飯が登場する。
 殺人犯が主人公に、エシレを炊き立てのご飯と醤油で食べるようにと勧める。
 私個人的には、バターご飯なら日本メーカーのバターのほうが合う気がするけれども。エシレでやってみたことがないから、不明確ではある。

■銀座ウエストのバタークリーム・ケーキ

https://sumally.com/p/1875017

 上品な飾りつけ! 私も食べてみたい! 店舗によっては喫茶室でカット・ケーキが戴けるらしい。今度、東京に行く時は、ぜひ足を運びたい。

 他にも、バターたっぷりの食べ物たちがどしどし登場するよ!

 人生初の39.1度の熱を出した次の日から、寝ながら読み始めた本。コテコテの食品が次々と紹介され、いささか胃もたれがした。読むだけで身体に変調をきたすほど、柚木麻子さんの描写の腕が卓越している証。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

大阪地裁傍聴記 生野区の殺人事件 ⑦ 2020年6月18日 3日目

 公判3日目。

【検察側の論告】

・控訴事実や取り調べの証拠から、確定的な殺意が認められる

・完全責任能力がある状態

・殺意の有無については、直接に争わない

・一般的に遷延持続型覚醒剤精神病による妄想が、全人格を支配することはない
 →犯行は、激高・暴力的性格特性によるものであり、病気の影響ではない

・自分の意思で行動が選べた
(鋏を振り回して問い質す→被害者が謝るなら許す、謝らないなら許さない)

・事件の重大性
 →被害者はまだ若く、子供の成長を楽しみにしていた
 →身に覚えのない罪(浮気)で責められた
 →被害者の恐怖は大きいと推測できる
 →手口が悪質(刃物を使用)
 →刃の長さよりも深い傷・めった刺し・背後から襲っている・被害者は抵抗できなかった

・動機は身勝手で、酌量の余地なし

・遺族の被害感情は厳しく、厳罰を望んでいる
(遺族に対する、きちんとしたお詫びがない)

・覚醒剤の使用を繰り返してきた
 →自らが招いた結果

・リスペリドンの服用を勝手にやめたことで、妄想が悪化した

・前科9犯あり
(最後の事件から3年後の犯行 累犯)

・自首による減刑は認められない
(被告人による犯行は明らかであり、自主をしなくても遅かれ早かれ犯行は明るみになった)

↓↓↓

求刑:懲役22年 + キッチン鋏1本の没収

(続く)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

大阪地裁傍聴記 生野区の殺人事件 ⑥ 2020年6月16日 2日目

 公判2日目。

【裁判官・裁判員からの被告人質問】
Q:リスペリドンの服用の中止後に、体重24キロ減、ご飯の味がしない、との状況があったと聞いたが、他に自覚症状は?
A:夜、急に眠れなくなった。睡眠が短く、熟睡できない

【鑑定人質問】
 被告人の心理鑑定に当たった専門家に質問。
 初めに鑑定人による鑑定の説明があり、次に弁護人・検察官・裁判官・裁判員の質問。
 ※当鑑定人は、基本的に事件から数カ月が経過した後の複数回に亘るインタビューのみ。
  事件直後に別の専門家が実施した心理テストの結果を参照している。
  心理テスト時に実施されなかった頭部のMRI検査は、当鑑定人の指示で追加で実施。

・被告人は覚醒剤精神病(遷延持続型)である。

・遷延持続型とは→長く続くこと。
 覚醒剤精神病は、覚醒剤をやめた後にも数年間に亘り続く場合がある。

・覚醒剤精神病の症状:
 関係妄想(「自分が噂されている」等、自分に関係あるかのように妄想する)
 被害妄想
 追跡妄想(「誰かに追い掛けられている」)
 注察妄想(「誰かに監視されている」)
 幻覚妄想

・統合失調症と覚醒剤精神病の症状の違い
 統合失調症→支離滅裂な妄想を抱きやすい
 覚醒剤精神病→ある程度のリアリティをキープ(登場人物が知り合いである、等)

・複数の心理テストのうち、2つが性格の暴力性を示した
 ロールシャッハ・テストとMMPI(ミネソタ多面的人格目録)

・IQは82である。(標準の域)

・角野は普段は温厚だが、人への執着が強く、大切な人に裏切られたと感じたら暴力的になる傾向がある。
(町河に裏切られた妄想を抱く→犯行に及ぶ)

・犯行には、覚醒剤精神病以外にも、生活環境的なストレスも影響したと思われる
 →生活保護を受け、仕事に就かない状況だった。
  先の見通しが立たない(仕事・生活上の展望
 →生活が安定していれば、被害者にそこまで執着しなかったのでは?

Q:町河は事件前夜に「私のこと、クソガキやと思ってるんやろ?」と発言したとされるが、角野の妄想の可能性は?
A:ない。妄想は基本、相手が離れている時に、現実でないことが見える・聞こえる。町河と対面している状況での幻聴はないだろう。

Q:角野の見せた狂暴性は、病気によるものか性格によるものか?
A:本来の性格に、病気の妄想が加わった。

Q:性格と病気の違いは?
A:性格→思考・行動パターン
  病気→その人にくっ付いているもの。その人そのものではない。治癒が可能

【被害者遺族の意見陳述】
・町河の妹が出廷
・1日目に検察官が読み上げた文書と、ほぼ同じ内容を口頭陳述
・感情的になり、涙を流しながらの訴え
・本来は母親も来る予定だったが、事件以来体調を崩し、来れなかった、とのこと
・中学生になった長男の制服姿を町河に見せられなくて悔しい
 (町河も入学式を楽しみにしていた)
・心のある人間が、鋏で背中や顔を何度も刺す訳がない。角野の発言には納得いかない。

(2日目、終わり)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

大阪地裁傍聴記 生野区の殺人事件 ⑤ 2020年6月15日 1日目

(前回の記事の続き)

↓初回投稿から日にちが空いたため、登場人物を再掲載
【主な登場人物】
・角野(56歳)→被告人
・町河(45歳)→被害者。角野の交際相手
・嶋本→暴力団組員。角野の組員時代の兄貴分

【検察からの質問】
Q:リスペリドンの服用の中止は、自己判断か?
A:自己判断。睡眠薬を飲んでいれば眠れるし、リスペリドンは必要ないと思った

Q:事件当時、現場(角野の賃貸マンション)には鋏が2本あったが、そのうち1本を凶器に選んだ理由は?
A:単に取りやすい位置にあった

Q:凶器に選んだ鋏のほうが鋭かったからでは?
A:違う

Q:なぜ鋏? 庖丁を使わなかったのか?
A:庖丁は、郵便受けに保管していた
※以前に喧嘩をした際、町河が「手に庖丁を持ってるやろ? 怖い」と疑った。
 以来、庖丁が部屋にあると怖がるので、郵便受けに保管するようになった

Q:事件当時、殺意があったから鋏を持って被害者のいるバスルームに向かったのでは?
A:殺意はなかった。脅せば本当のことを正直に話すと思った
  少し傷めつければ、すべて白状するはず
(本当のこと=浮気)

Q:バスルームで町河との会話は?
A:はっきり覚えていない。町河が「ごめんね」と言った気がするが、夢かもしれない
  こちらから何か言った記憶はない

【弁護人からの質問】
Q:遺族に対しては?
A:大変申し訳ないと思っている

Q:町河の浮気等は幻覚だったと認めるか?
A:認めない。事実である

【遺族の意見】(町河の妹の文書を検察による読み上げ)
・町河には成人した長女、今年に中1になる長男、小6になる次女がいる
・長男と次女は現在、町河の妹が面倒を見ている
・長男には軽度の発達障害があり、町河は「私が長生きして、ずっと面倒を見ないと」と言っていた
・長男は夜も眠れない様子
・「姉の命を奪った角野が許せない」
・町河は角野を「友達」として家族に紹介し、子供たちとも交流があった
 →子供たちに「大人は裏切る」との心を植え付けた
・出所してきたら襲われるのではないか、と怖い(子供たちも怖がっている)
 →死刑にしてほしい

(1日目、終わり)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

7月の予定

■出掛ける予定
・17日(土):カウンセリング
 →先月から、家族問題の相談に行き始めた。いろいろと問題があるの……。 

・18日(日):小説教室B
 →今月は行く!

■執筆計画(優先順)
・小説教室Aに提出する原稿(原稿用紙換算100枚程度の予定)

・小説教室Bに提出する原稿(原稿用紙換算5枚程度の掌編 + 登場人物設定表)

・公募に投稿用の作品に着手
 →今月末(7月31日)締切の公募に出したい。枚数は250枚以上。
  以前に書いた2作品をドッキングして作るつもりで、イチから書く訳ではないけど、それにしてもタイトなスケジュール。
  無理に急いで今月末に出さず、見送ってゆっくり書くことも検討中。
  ただ、来月は来月で別の投稿の計画がある。
  加えて、もしかしたら来月からの仕事が決まるかもしれない。
  見送るかどうか迷い中。出せたら出す。

 執筆については、小説教室絡みの上記2件をこなせたらOKとする。

■他の計画
 ・読みたい本が5冊。

 ・先月に傍聴した裁判の記録を、このブログに掲載し終わること。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

6月の総括

 皆さん、ちょっとお久しぶりです。

 今日(月末)が締切の小説の新人賞の作品を推敲するのに追われてました。

 お陰さまで、なんとか投稿できました。ありがとうございます!

 誰にも頼まれてへんのに、なんで無気になって毎日毎日書いてるんやろ?と卑屈になる時もあったけど、とにかく応募できて良かったです。

 6月の執筆活動のまとめ。

■投稿・提出済の作品

【小説教室関連】
 なし
・小説教室Aは休講中
・小説教室Bは、なんと、すっぽかしたw
 ボーっとしてて、行くのを忘れてたのww
 今月の中旬、どうも頭が変だった。
 小説教室をすっぽかすと思えば、歯医者は予約してた日より1日早く行ったりとか。
 オカルトを信じるならば、なんでも6月中旬は水星が逆行してうんたらかんたらで、電化製品が壊れたり、うっかりミスをしたりしやすくなる星回りだったらしいけどね。私のすっぽかしも、天体のせいということにしとくわwww
 いつも楽しみにしてるので残念。来月は行く。

【NOVEL DAYS関連】
 なし
 サボり。

【その他】
・今月末締切の公募に応募した(原稿用紙換算300枚弱)

■執筆中の作品
 なし

 今月は、公募作品に掛かりっきりでした。
 暑くなってきたので、健康管理にも気を付けたいところ。
 皆さんも、楽しい夏を!

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ショートショートの書き方講座

 おはようございます。

 裁判傍聴記が書き終わりません。書くべきことが多過ぎです。4日間に亘る裁判の、まだ1日目の記録すら書き終わらず。ぼちぼち書いていきます。
 今日(2021年6月23日)は4日目の判決日です。判決を聞きに地裁に行ってきます。

***

 昨日は、「ショートショートの書き方講座」のYouTubeライブ配信を視聴した。

 ↓アーカイブが視聴できるので、創作に興味のある方は、ぜひ。

https://twitter.com/note_eventinfo/status/1407319206404661248?s=20

 田丸さんの講座には、昔、大阪で参加した経験がある。
 気さくで、何でも話しやすい感じの方。

 高橋さんについては、今回の講座で初めて知った。
 おもちゃのクリエイターをされてるんだって。
 日頃からアイデア出しの工夫をされているプロの方から、発想法のお話が聴ける貴重な体験だった。

 ↓講座の中で紹介されていた、「77のアイデアのずらし方」についての高橋さんの記事。

https://note.com/simpeiidea/n/n6414e7457a4f

 私は講座で作ったショートショートを発表しなかったけど、他の視聴者の中にはnoteに掲載して、ライブ配信中に講評を受ける人も。

 田丸さんと高橋さんが、発表された作品について「面白い!」、「いいですね!」と前向きなコメントをされている姿が印象的だった。

 私は普段から小説教室で学んでいる。教室の外で、プロの方に講評をお願いすることも。講評の際には、成長のためにも厳しくコメントをしてもらいたい、とリクエストしている。そのせいもあってか、褒められたあまり経験がない。普段はそれでOKだが、ときどき「本当に面白いのか」、「成長できているのか」と心配になり、落ち込んでくる。

 今回の配信における「2人が参加者の作品を褒めまくり」の状態が新鮮だった。こうやって楽しく持ち上げてもらえる環境も、たまにはいいなぁ、と。

 今回の講座で紹介された、ショートショートnoteの詳細は↓こちら。

***

 ではでは、今日も公募作品の推敲に勤しみます。
 講座の中で田丸さんが「何十回は推敲する」と仰っていました。田丸さんでも何十回も推敲されるのだから、甘えていられません。

カテゴリー: 未分類 | コメントする